2011年11月の長野での古民家田舎暮らしまであと少し日記
リンク
2010.11.30(火)「田舎暮らしを始めた人のタイプとしては変わり者のオレ達一家」
2010.11.29(月)「今日も3食のご飯が美味しかった」
2010.11.28(日)
2010.11.27(土)「隣の魅力的なじっさまに人生を教えて貰う」
2010.11.26(金)
2010.11.25(木)「家族みんなでお風呂が楽し!」
2010.11.24(水)「来年からの野菜作りに失敗は許されない」
2010.11.23(火)「いろんな料理と3年ぶりの玄米食」
2010.11.22(月)「フリマの余韻を夫婦で楽しむ」
2010.11.21(日)「近所の小さな公園でフリーマーケット!」
2010.11.20(土)「嫁さんARIOレッスン,明日のフリマの準備など」
2010.11.19(金)「シナモントースト,おからドーナツ」
2010.11.18(木)「自転車の修理と男のカレー」
2010.11.17(水)「長野の先輩と知り合いになれる喜び」
2010.11.16(火)「素敵なものはいつも嫁さんから入ってくる」
2010.11.15(月)「森林組合から連絡が来た」
2010.11.14(日)「信州そらいろ農園のメリットを考えてみる」
2010.11.13(土)「もてあます畑仕事とお散歩の日々」
2010.11.12(金)「野生の熊の恐ろしさを知る」
2010.11.11(木)「オレ達家族の人生のテーマは家族と手作り」
2010.11.10(水)「パーマカルチャーと収穫した生姜の生姜焼き」
2010.11.09(火)「永田農法というものに遭遇してカルチャーショック」
2010.11.08(月)「庭の畑の生姜を収穫」
2010.11.07(日)「公園で嫁さんのてづくり石鹸の写真撮影!」
2010.11.06(土)「友人と一緒に石鹸の商品作り作業を手伝う」
2010.11.05(金)「USBカメラでお婆ちゃんとビデオチャット」
2010.11.04(木)「自然の感覚と使い終わったジャムと小豆煮とさつまいも」
2010.11.03(水)「掘り出し物いっぱい,聾学校の文化祭へ!」
2010.11.02(火)「自然農について調べ考え,ハマる」
2010.11.01(月)「ひよこ豆のスナック」
.
2010.11.30(火)「田舎暮らしを始めた人のタイプとしては変わり者のオレ達一家」

・「田舎暮らしを始めた人のタイプとしては変わり者のオレ達一家」【日記】


どこまで書いて良いのか分からないけど,長野県のとあるテレビ局から取材依頼を頂いた。
まだどうなるかやりとり中なのだけど,今のまだ田舎暮らしを始めてない,オレ達で良いのかのう。

でもオレ達は田舎暮らしを夢見て始めた家族としてはかなりの変わり者タイプだとは思う。

農業もDIYも素人程度の家族が親戚も友達も居ない信州長和町に突如,築101年の
ボロ古民家を借金して購入。現在預金無し。生後1歳8ヶ月の息子有り…。

作る野菜は機械を使わない有機無農薬栽培&出来る限り自家採種という高望み…。
果樹だって勿論,無農薬有機栽培で育てる…。
奥さんは庭でハーブを育てて,借家では出来なかった,パワーアップした
手作り石けん&アロマテラピーの教室をしたいと言う…。

美味しい卵が食べたいので養鶏も平飼いで,いつか山羊も飼う。
そして地域サイトで地域を盛り上げる。ネットラジオもまたやる。
楽しさでみんなを笑顔にさせて,それが100円でも収入に繋がれば超ラッキー。

そんな生活が送れるようになるまでの365日の生活を写真で全部紹介するってんだから。
ここだけは日本全国探しても絶対に居ないだろうな。リアルそのものだもの。


長野のテレビ局の方から取材依頼をいただいた。オレ達のような新天地で新しいことにチャレンジする者にとって,こういう若者(オレはそんな若くないけど)に着目した番組作りをしてる地域密着メディアが存在して頑張っていることがとても嬉しい!


思い起こせば千葉県市川市の地域サイト「本八幡で行こう!」を作ってたときも地元テレビのプロデューサーさんに声をかけてもらえていろんな体験をさせて頂いた。自分の信じる道を突き進んで足を止めなければ,必ず仲間が集ってくれる。大切なのは信念と心意気。今度は長野県長和町を盛り上げるぞ~!


嬉しいお言葉心に染みます!「もといこ」は多くの出会いや仕事,そして嫁まで授けてくれました。長野での古民家再生と農的生活は人生最後の大冒険として頑張ってきます!RT @hide_tsuchiya: 頑張ってください!本八幡で行こう大好きでした! RT 思い起こせば千葉県市川市の…


@WATAYAFarm 有り難うございます!農業は他の何よりも地域との相性が良いと思ってます。運搬コストや新鮮さを考えてもやはり地産地消,それには地域の皆様の協力が欠かせないわけで。これまでやってきた地域を楽しくするという方向から,自給的農生活を成功させてみたいと思ってます。



・「有機肥料大根と化成肥料大根の食べ比べ その1」【農業】


有機肥料で育てた大根と化成肥料だけで育てた大根の食べ比べをしようと思う。
まず今日は無機の大根を収穫して食べてみた。

生のままかじってみると…美味しいっ!
大根おろしにしても適度な辛みと甘さで美味しいっ!
お味噌汁に入れた葉っぱも実も柔らかくてカブみたいで美味しいっ!

あの…化成肥料で育てた物がこんな美味しいと困っちゃうんですけども…。
明日の有機肥料大根の方が不味かったらどないしよ…。


朝:ぶどうパン(嫁作),自家製ジャガのシチュー(嫁作)
昼:アジのお総菜玄米弁当(嫁作)
夜:焼き鮭(嫁作),ひじき(嫁作),自家製大根(無機)の味噌汁(嫁作),自家製大根(無機)の納豆(俺作),
おやつ:

2010.11.30(火)「田舎暮らしを始めた人のタイプとしては変わり者のオレ達一家」の写真2010.11.30(火)「田舎暮らしを始めた人のタイプとしては変わり者のオレ達一家」の写真2010.11.30(火)「田舎暮らしを始めた人のタイプとしては変わり者のオレ達一家」の写真2010.11.30(火)「田舎暮らしを始めた人のタイプとしては変わり者のオレ達一家」の写真
2010.11.29(月)「今日も3食のご飯が美味しかった」

・「今日も3食のご飯が美味しかった」【日記】


今日も3食のご飯が美味しかった。
どうしてか玄米ご飯が甘い。当たりなのか,年のせいなのか,やったらめったら美味しい。

今のパソコン仕事の生活じゃカロリーを摂りすぎなのでご飯は1杯だけと決めてるけど,
おかずが多いし美味しいから満足感がある。長野に行って百姓仕事を始めたら2杯食うぞ~!
犠牲になってくれた食材達と,作ってくれた嫁さんに感謝。シェイシェイ。

昼間は母が嫁さんの免許の勉強の足しにして欲しいと,わざわざ子守に来てくれた。
行動的で愛にあふれた母。くったくたになるまで怪獣と遊んでくれる母。
オレが世界一,誇りに思えて尊敬する人です。

寝る前にみんなで梅醤番茶を飲んでおやすみなさい。
昨日で1歳8ヶ月になった息子も梅干しが好きなのでごくごく飲んでくれております。


・「野菜ノートと近い将来の夢」【農業】


自分だけの野菜ノートに本を読んで知った情報を追加するのが楽しい。
そこに実践してみて分かったことを更に書き足していくのがまた楽しい。
知識が知恵に変わるのが嬉しい。

オレの作る自然な食べ物達はオレの体を治してくれてあと30年の寿命をくれる。
そしたら自分の家族だけで楽しむだけじゃなくて,母や兄弟に定期便で野菜を送るんだ。

野菜でも卵でも,バカみたいに素直に,手を抜かずに作れば万能薬になると信じてる。
そんな世界一の野菜を仕事で疲れてる真面目な兄と姉,そして母に送ってやるんだ。
実はオレの目標&夢はそれだったりする。どうか間に合え,急げっ!!


朝:ぶどうパン(嫁作),自家製ジャガの卵スープ(嫁作)
昼:お総菜いっぱいの玄米のお弁当(嫁作)
夜:玄米ご飯(嫁作),金美人参と自家製ジャガのシチュー(嫁作),大豆の肉そぼろ煮込み(嫁作),おでん(頂物),鰯の塩焼き(嫁作),ふきのお総菜(頂物),自家製南瓜の煮物(嫁作),唐揚げ(頂物)
おやつ:茂原のパン(頂物)

2010.11.29(月)「今日も3食のご飯が美味しかった」の写真2010.11.29(月)「今日も3食のご飯が美味しかった」の写真2010.11.29(月)「今日も3食のご飯が美味しかった」の写真2010.11.29(月)「今日も3食のご飯が美味しかった」の写真2010.11.29(月)「今日も3食のご飯が美味しかった」の写真2010.11.29(月)「今日も3食のご飯が美味しかった」の写真
2010.11.28(日)

・「」【日記】


なんだか変な夢で目が覚めてしまったので朝4時半からこうやってパソコン作業。
こたつの温度設定がいつも高くて「暑い!」と思っていたんだけど,こうやって早朝の作業をすると
低温では寒いことが身に染みて分かった。嫁さん,早起きして石けん仕込んでたものね。

年末も近いので家中のガラスというガラスの拭き掃除をした。

気にならないようにしてたけど,気になるとどえらく気になる。
息子がどこまでも付いてきて邪魔してこようと構わず強行突破。
洗剤なんて要らない。水拭き&から拭き十分,ぴかぴか!

掃除中は母親の姿を思い浮かべてた。綺麗好きな人で毎日掃除をする人だ。
掃除も溜めないので今日はどこ,今日はここみたいな感じで短時間で終わらせていた。
でも自分でやってみるとそうはいかないもんだ。染みこんでこびりついた汚れは取るのが大変。

息子もすっころんでバケツにお尻ごと突っ込んだり,足を蟹挟み攻撃してきたりと
冗談みたいな感じだったけど午前中で作業終了。綺麗だと気持ちいいね~。

長野に住み始めたら,オレ達は長野の文化を受け入れていくと思う。
野沢菜も作って野沢菜漬けも作ってみたいし。
でも,オレは新潟生まれの新潟育ち,嫁さんは函館生まれの函館育ちだ。
故郷のお互いの両親が伝えてくれる味もしっかりと味わい,子供に伝えていきたい。
そして勿論,オレ達の出会いの地である千葉県のことも決して忘れない。

昼間から畑作業。間引きした青梗菜や白菜を移植する作業。
半分には落ち葉マルチを被せて成長を見比べてみる実験もしてみた。

まだまだ未成熟な土だからミミズも居ないからあんまり意味はないと思うけど…。


・「春菊は間引きすぎない方が良い??」【農業】


とある書に書かれていた葉が重なったら間引くという教えが気に入り,実践していた。
でも今回,春菊の育ちをすぐに間引いた物とねばって間引いた物の2つを比べてみると…

左列:間引かない物 右列:こまめに間引いた物 どういうこと?


・「お総菜やら林檎やらお菓子を山ほど」【頂物】



ご近所さんからいろいろ貰いすぎなくらい…。
ご馳走様です!ふきのお総菜,料亭の味でした。


朝:男のカレー素麺(俺作)
昼:そばめし(嫁作),カレースープ(嫁作)
夜:秋刀魚の粕煮(嫁作),大豆のうま挽肉煮(嫁作),自家製じゃがと自家製小松菜の味噌汁(嫁作),ふきのお総菜(頂物),イカの塩辛(頂物)
おやつ:バームクーヘン(頂物)

2010.11.28(日)の写真2010.11.28(日)の写真2010.11.28(日)の写真2010.11.28(日)の写真2010.11.28(日)の写真2010.11.28(日)の写真2010.11.28(日)の写真2010.11.28(日)の写真2010.11.28(日)の写真2010.11.28(日)の写真2010.11.28(日)の写真
2010.11.27(土)「隣の魅力的なじっさまに人生を教えて貰う」

・「隣の魅力的なじっさまに人生を教えて貰う」【日記】


昨日の夕方の空気感から明日は少なくても夕方までは雨が降らないと予想。→的中
今日の朝の空気感から今日は1日雨は降らないと予想。→的中

夕方のみんなでのお散歩中には嫁さんと天気の当て方について話し合った。
確かに夏は通り雨でも当てやすい。その理由が話してて分かった。

今日は嫁さんが1日朝早くから家を空ける日(免許卒検)なので息子とお留守番。

この子がまだ1歳7ヶ月ということを知ってる人は少ないのだけど,
鬼神のように元気なのを知ってるのは更に少なく面倒を見てくれた数人だけ。
信じられない体つきで暴れるのでオムツ替えの時などは男のオレでも手に負えない。

洗濯を干したり悪戦苦闘をしてたら隣の師匠が「見ててやるよ」庭に連れてってくれた。
息子は人の家の柚を9つも収穫したりとやりたい放題で楽しそう。

じっさまとは息子に必ずスポーツをやらせるという話から彼が高校時代に2回もあと1勝のところで
甲子園を逃した話や伝説の監督の話,そして自分が監督したときの話などを聞けた。

監督時には帽子をきちんと被るところから教えたという。
その話は嫁さんも全道大会に始めて出たときのものとよく似てる。

・他の強豪チームがいかに格好良かったか。どうしてそのチームは強くなったか。
・エラーは誰でもするが,大切なのはその後だ。
・2ストライク取られたらバットを短く持って当てろ。

「オレが隣に居たら(長野に行っても)教えてやるのになぁ,残念だなぁ」と本当に悔しがる。
こんな面白くて魅力的なじっさまが隣に居なくなるなんてとても残念だ。

見てて貰ってる間に3m近くまで伸びていた庭木を切って枝を落とし,畑で使える支柱にした。
見事卒検に合格した嫁さんは疲れていたようなので夕食は進んでカレーを作ってやった。
以上!


・「豆類の支柱を伸びすぎた木から作る」【農業】


支柱の棒は市販のプラスチックだと滑るしかっこ悪い。
ならばと竹はこれまたつるつる滑って使いづらくて×。

http://bit.ly/f7mIat
結局一番良かったのは木の枝。枝にひっかかってくれるしタダだし
いつかは土に還るしこれ最強。 #nogyo #agri


・「柚(ゆず)」【頂物】



蜜柑の木からもぎ取って食べる楽しさを覚えた息子はお隣さんの家に遊びに行く度に,
木からいろいろもぎ取ってしまうようになった。今日はゆずをなんと9個も…。
無農薬のなんだから貴重なんだよ,ったく~。
ありがとうございます~。
 

朝:玄米雑炊(嫁作)
昼:男の焼きそば(俺作)
夜:男のカボチャとジャガイモのカレー(俺作),大人の激辛トッピング(俺作)
おやつ:

2010.11.27(土)「隣の魅力的なじっさまに人生を教えて貰う」の写真2010.11.27(土)「隣の魅力的なじっさまに人生を教えて貰う」の写真2010.11.27(土)「隣の魅力的なじっさまに人生を教えて貰う」の写真2010.11.27(土)「隣の魅力的なじっさまに人生を教えて貰う」の写真2010.11.27(土)「隣の魅力的なじっさまに人生を教えて貰う」の写真2010.11.27(土)「隣の魅力的なじっさまに人生を教えて貰う」の写真
2010.11.26(金)
朝:塩バターラーメン(嫁作)
昼:豚肉炒めと野蒜卵焼きの玄米弁当(嫁作)
夜:湯豆腐(嫁作),南瓜の煮物(嫁作),さばの塩焼き(嫁作),玄米ご飯(嫁作)
おやつ:バナナクッキー(嫁作),

2010.11.26(金)の写真2010.11.26(金)の写真2010.11.26(金)の写真
2010.11.25(木)「家族みんなでお風呂が楽し!」

・「家族みんなでお風呂が楽し!」【日記】


帰宅後,真っ暗な中,畑へ。
この寒い中,葉物はグングン伸びてる。
夏よりも成長が良いかもしれない。そう考えると害虫の存在って凄いな。

借りてる畑の有機ゾーンと庭の畑の無機ゾーンから青梗菜を収穫して食べ比べをしてみた。
違いは一目瞭然。根が違う,味が違う。ここまで違うと嬉しいな。

家族で楽しくてお風呂でも笑い声が絶えなかった。あはははっ!!
楽しいぞ~あははははっ!幸せだぞー!
今日もみかんを1つ食べたぞ-!みんなで分けたぞー!
生まれてきて良かったぞ~!あははは!


・「17日に種まきした青梗菜,春菊,小松菜が発芽してたけど…」【農業】


17日に種まきした青梗菜,春菊,小松菜が発芽してた。
でも所々双葉が黄色いのはどうしてだろう。
栄養不足か?


・「有機と化成肥料の青梗菜(チンゲンサイ)の比較」【農業】


本当はまだ収穫したくないのだけど比較のために引き抜いて比べてみた。

どちらが化成肥料でどちらが有機肥料で育った物か分かります?
答えはCMの後!

というわけで左の赤枠の根が化成肥料,右の青枠の根が有機肥料(ボカシと液肥)で育てた青梗菜。
地上部が同じ大きさのものを選んだのだけど根を見てみてびっくり!
本当,どこの書にもあるように有機野菜は根の根毛の成長が段違い。
これは分かりやすすぎる。(オレはヤラセはしない人だけど)

味の方も比較してみることに。(ちなみにどちらも当然ながら無農薬)
同じ料理を作らないと行けないのでこれが結構手間だったりするけど今回はマジ企画。
どっちがどっちを教えずに嫁さんと食べ比べた。

・(化成肥料の方)調味料(オイスターソース)がしっかり染みこんでる。ご飯が進む感じ。
・(有機肥料の方)みずみずしくしっかりしてる。青梗菜の味がする。

オレも同意見だった。
確かにご飯が進みそうなのは炒め始めたらすぐにしぼんだ化成肥料の方。
でもそれは,裏を返せば青梗菜本来の味が薄く,オイスターソースに負けてるからだ。

逆に青梗菜の青青しい味がしっかりするのは有機野菜の方。
こっちは炒めてもなかなかしおれなかったのだけどそれが味にも出たのだろう。

正直,地表の成長ぶりでは有機も無機も変わらないように見えてたから心配だったのだけど,
根と味に差が付いていた。体は大きく育っても炒めるとすぐにしぼんだり味が薄かったりする。

ひねくれ者なので何でも自分でやってみないと取り入れられないのだけど,
今回の実験で化成肥料と有機肥料では有機のほうが上と決まった。


朝:ぶどうパン(嫁作),具だくさん野菜スープ(嫁作),珈琲(俺作)
昼:天丼海苔弁当(嫁作)
夜:野菜たっぷりの豚肉野菜炒め(嫁作),海苔の味噌汁(嫁作),納豆(買物),もずく酢(買物)
おやつ:バナナクッキー(嫁作)

2010.11.25(木)「家族みんなでお風呂が楽し!」の写真2010.11.25(木)「家族みんなでお風呂が楽し!」の写真2010.11.25(木)「家族みんなでお風呂が楽し!」の写真2010.11.25(木)「家族みんなでお風呂が楽し!」の写真2010.11.25(木)「家族みんなでお風呂が楽し!」の写真
2010.11.24(水)「来年からの野菜作りに失敗は許されない」

・「来年からの野菜作りに失敗は許されない」【日記】


職場の17歳の女の子に携帯持ってない,テレビも無い,来年からこの仕事を辞めて,
長野に買った古民家で農業を始める言っても「またまた~,嘘でしょ」と何度言っても
全く信じて貰えなかった。

自分からすると農業や古民家はブームだし,みんなこぞって始めそうだとすら思うのだけどきっと
世間から逸脱してるのはオレ達の方なんだろな。

来年からの野菜作りに失敗は許されない。
今まで得た情報や持ってる本もフル活用して出来る限りのことを全力でやろう。
かといって古民家の補修があるし家中のゴミの処分もあるし,
1日のうち何時間を畑に割けるだろう。

真剣勝負。
仕事が無くて貯金も無くて1歳半の赤ちゃんが居て。
果たしてこんな状態で田舎暮らしと農業は始められるのか!?
興味本位で今まで以上に365日日記のHIT数が上がりそう。
失敗しても笑わないでね…。


朝:ぶどうパン(嫁作),卵スープ(嫁作)
昼:ししゃもと玄米と煮物の弁当(嫁作)
夜:サツマイモと自家製南瓜と有機人参の葉と蓮根の天ぷら(嫁作),海苔の味噌汁(嫁作)
おやつ:バナナクッキー(嫁作),青梗菜の炒め物(俺作)

2010.11.24(水)「来年からの野菜作りに失敗は許されない」の写真2010.11.24(水)「来年からの野菜作りに失敗は許されない」の写真2010.11.24(水)「来年からの野菜作りに失敗は許されない」の写真2010.11.24(水)「来年からの野菜作りに失敗は許されない」の写真2010.11.24(水)「来年からの野菜作りに失敗は許されない」の写真
2010.11.23(火)「いろんな料理と3年ぶりの玄米食」

・「いろんな料理と3年ぶりの玄米食」【日記】


朝,庭の野蒜(のびる)を収穫してみたり,
息子が寝てる合間に自転車のブレーキを直して古いシャツで磨いてみたり。

昼食のパスタには地元で買った有機にんじんを使ったサラダが付いてきた。

色が金色で綺麗だし,人参の臭いが全くしない。これは美味しい。
長野の土と相性が良いなら是非作ってみたいな。

夕食は久しぶりに嫁さんが玄米食を作ってくれた。
調べてみると,以前玄米を食べていたのは2007年11月からだった。
http://ta.yukiboulife.com/nikki/2007/200711.html

3年ぶりにまた始めた玄米ご飯は甘くて美味しかった。
柔らかく炊けば1歳7ヶ月の息子も食べてくれたので一安心。
一粒一粒にありがたみを感じれる贅沢さ。こりゃいいや。


嫁さんが見つけてきた「3年番茶」も美味しい。
こうやって探りながらまた1つまた1つと定番が増えていくのがまた楽しい。


・「息子,自分で蜜柑の皮を剥いて食べる」【育児】


前にも書いたかも知れないけど,写真が綺麗に撮れたので。

1歳7ヶ月と27日目。この子は今,何よりもみかんが大好き。自分で剥いて食べちゃう。
1つ食べ終わると2つめくれ,3つめくれと切りがない。
みんなでお風呂の中で1つのみかんを家族を分け合うのもここ20日間位の恒例行事。

長野に行ったら果樹として作ってあげたいな。
調べてみると寒さに強いのはウンシュウミカンという品種らしい。
あっちは寒いし鉢植えがベストかな。
5年後,たっくさん食べさせてやるからな。お父さんハッスル!

・「野蒜(のびる)を収穫!」【農業】


朝一で縁の下で群生してた野蒜(のびる)を収穫!

球がまだ大きくなってなかったので葉を食べる感じかな。
かなり細いので卵焼きかな。採るの早かったかな。

ただ,雨の日に採ったのは狙い通りで正解だった。こういうの大好き。
雨の日はバケツに雨水を溜めてるので,それでジャブジャブと土を洗えるから。
自然の恵みに感謝感謝。

・「苗床も生物多様性に」【農業】


自然農の勉強を始めてから生物多様性の大切さがよく分かってきた。
なので苗床にも種は複数種類蒔き,生えてきた草は生えっぱなし。


この鉢にはいんげん豆と人参と小松菜が蒔いてある。
人参は移植して小松菜は食べれるサイズになったら食べちゃって,
最終的には冬を越えるインゲンだけになる予定。


朝:ぶどうパン(嫁作),シチュー(嫁作)
昼:蓮根と豚肉のペペロンチーノ(嫁作),金美人参のサラダ(嫁作)
夜:玄米ご飯(嫁作),ししゃも(嫁作),わかめのサラダ(嫁作),菜っ葉(嫁作),梅干し(母作),高菜漬け(頂物)
おやつ:いそべ餅(俺作),3年番茶のお茶漬け(俺作)

2010.11.23(火)「いろんな料理と3年ぶりの玄米食」の写真2010.11.23(火)「いろんな料理と3年ぶりの玄米食」の写真2010.11.23(火)「いろんな料理と3年ぶりの玄米食」の写真2010.11.23(火)「いろんな料理と3年ぶりの玄米食」の写真2010.11.23(火)「いろんな料理と3年ぶりの玄米食」の写真2010.11.23(火)「いろんな料理と3年ぶりの玄米食」の写真2010.11.23(火)「いろんな料理と3年ぶりの玄米食」の写真2010.11.23(火)「いろんな料理と3年ぶりの玄米食」の写真2010.11.23(火)「いろんな料理と3年ぶりの玄米食」の写真2010.11.23(火)「いろんな料理と3年ぶりの玄米食」の写真2010.11.23(火)「いろんな料理と3年ぶりの玄米食」の写真2010.11.23(火)「いろんな料理と3年ぶりの玄米食」の写真2010.11.23(火)「いろんな料理と3年ぶりの玄米食」の写真
2010.11.22(月)「フリマの余韻を夫婦で楽しむ」

・「フリマの余韻を夫婦で楽しむ」【日記】


お風呂の余りお湯(洗濯でも余った水)を使って苗床の水やりへ。
昨日,少しだけ雨が降ったので借りてる畑の土は湿ってたので大丈夫。


嫁さんが友人からのメールを見て泣きそうになってた。
オレも感動。あのフリマは良い経験になったし自信にもなった。
分かってくれる人は分かってくれるんだ。

怪獣息子が寝た後,夫婦の団らんタイム。
小声で今までのことや将来のことを語り合っております。
この3年間,本当いろんなことがあったなぁ。
オレ達の人生はお互い,映画みたいだ。

楽しくていつもは22時には寝てるのに0時過ぎまで起きてた。


・「寒さの中,庭の畑の青梗菜,小松菜が元気に育つ」【農業】


この寒さの中,庭の畑の青梗菜,小松菜が元気に育ってる。
気温が下がって害虫たちが弱ってきたらしい。
バッタなんて小松菜の葉に守られて住んでる感じ。形勢逆縁!
そして12月でも野菜が作れる温暖な千葉県万歳!


・「大福とおまんじゅう」【頂物】


近所の八百屋さんから頂いた物。ご馳走様です!
買い物に行くたびに子供にお菓子をくれる。
うちも毎月,月20000円の食費の半分はここで消費してたりする。


朝:お手製ホットケーキ(嫁作)
昼:親子丼とひじきのお弁当(嫁作)
夜:焼き鮭(嫁作),自家製えびす南瓜とキタアカリのシチュー(嫁作),黒大根のステーキ(嫁作)菜っ葉のおひたし(嫁作)
おやつ:だいふく(頂物)

2010.11.22(月)「フリマの余韻を夫婦で楽しむ」の写真2010.11.22(月)「フリマの余韻を夫婦で楽しむ」の写真2010.11.22(月)「フリマの余韻を夫婦で楽しむ」の写真2010.11.22(月)「フリマの余韻を夫婦で楽しむ」の写真2010.11.22(月)「フリマの余韻を夫婦で楽しむ」の写真2010.11.22(月)「フリマの余韻を夫婦で楽しむ」の写真2010.11.22(月)「フリマの余韻を夫婦で楽しむ」の写真
2010.11.21(日)「近所の小さな公園でフリーマーケット!」

・「近所の小さな公園でフリーマーケット!」【日記】



本日のフリマ,良い物を大放出したのでかなり売れました!
面倒を見てくれたご近所の方々,足を運んで頂いた手作り石けん教室の生徒さん,
協力&物品を提供してくれた友人と元気に手伝ってくれた子供達に感謝!
皆様ありがとうございました!

そして嫁さん。前日は西新井アリオでの教室で,今日はフリマ。
子育ての合間に朝早く起きて夜中まで準備してたものね。
本当,ご苦労様。貴方と居ると人生が生き生きして楽しいよ。
このお金でサマンサモスモスの服でも買うと良いさ。

今日のフリマでは奥さんの交友関係の広さと深さに驚いた。
遠くから来て石鹸を数千円分買って下さった方も居たとのこと。
知り合いや友達を大事にするって大切なことなんだな。
オレは自分から全く連絡しないし,メール返さないし携帯電話も辞めちゃったし
農業しか興味がないし…。これじゃ駄目だ。反省。

ただ,少しずつだけど,また昔の社交的な自分に戻ってる感覚はある。
そうならなきゃ田舎暮らしじゃ生きていけないだろうし,何よりその方が楽しいしね。

あ,これだけ書かせて。
フリマ会場で「石けんいくら?高い!それじゃ売れないよ~」と笑い飛ばしてたおばさま。
今日,会場でゆき坊石けんが結局いくつ売れたか知れば腰を抜かすだろう。
自分の価値観だけで判断してはいけない。少なくても頑張ってる人を笑い飛ばしちゃいけない。

安くたたき売らなくても喜んで使ってくれる方が居る。本当に良い物が欲しい人が居るんだ。
安い物が悪いとは言わない。でもせっかく一度きりの人生,オレは極力,良い物を使いたい。
年を取ったら「本当に良い物を少しだけ」が一番の贅沢だ。


朝:生卵ご飯(俺作),小松菜納豆(俺作),大根の味噌汁(俺作)
昼:おにぎり(嫁作),サンドイッチ(頂物),ポテトサラダ(頂物)
夜:ネギもやし味噌ラーメン(俺作)
おやつ:林檎の焼き菓子(頂物),チョコパイ(買物)

2010.11.21(日)「近所の小さな公園でフリーマーケット!」の写真2010.11.21(日)「近所の小さな公園でフリーマーケット!」の写真2010.11.21(日)「近所の小さな公園でフリーマーケット!」の写真2010.11.21(日)「近所の小さな公園でフリーマーケット!」の写真2010.11.21(日)「近所の小さな公園でフリーマーケット!」の写真2010.11.21(日)「近所の小さな公園でフリーマーケット!」の写真2010.11.21(日)「近所の小さな公園でフリーマーケット!」の写真
2010.11.20(土)「嫁さんARIOレッスン,明日のフリマの準備など」

・「嫁さんARIOレッスン,明日のフリマの準備など」【日記】


嫁さんのARIOでのカルチャーレッスンの日ということで,うちの母がヘルプに来てくれる。
体重15kg以上,身長95cm以上,足のサイズ17cmという驚異的な1歳7ヶ月と23日目のビッグボーイと
本気で遊べるのはお婆ちゃんはこの人くらいだろう。
公園で走り回る飛び回る,滑り台に数十回,

うちの母は今の時代に少なくなった「ビシっと言える人」だ。
今日はメリーゴーランドに居た少年が後から乗ってきたうちの息子の顔を靴で蹴り,頭を2回叩いた
2歳半位の少年(息子よりちっちゃいけど)の母親に「ちゃんと見てなさい」としっかり伝えたそう。
その他に滑り台を滑っていて遅い息子の順番を抜かそうとする子供達に「順番はしっかり守りなさい」と
教育もしたらしい。本当,こういう人がこれからの日本に必要なのに。

嫁さんが帰ってからは明日のフリマに出すグッズの品定め大会。
この服カワイイとかこの香りが好きだとか女性陣だけで盛り上がっていた。
でも家族が仲良くしてくれると嬉しい。

友人が絵本を持って来てくれたり,母がオブジェにもなるドライフラワーを束ねてくれたり。
みんなで力を明日のフリマへ想いをぶつけるんだ。


朝:シナモントースト(嫁作),卵スープ(嫁作),おかかのおにぎり(嫁作),みかん(買物)
昼:肉団子(母作),鮭のおにぎり(母作),手作り梅干しのおにぎり(母作),自家製芋の煮物(母作),蓮根の天ぷら(母作),アジの酢の物(母作)
夜:肉まん(頂物),自家製芋の煮物(母作),蓮根の天ぷら(母作),アジの酢の物(母作)
おやつ:葛湯(頂物)

2010.11.20(土)「嫁さんARIOレッスン,明日のフリマの準備など」の写真2010.11.20(土)「嫁さんARIOレッスン,明日のフリマの準備など」の写真2010.11.20(土)「嫁さんARIOレッスン,明日のフリマの準備など」の写真2010.11.20(土)「嫁さんARIOレッスン,明日のフリマの準備など」の写真2010.11.20(土)「嫁さんARIOレッスン,明日のフリマの準備など」の写真2010.11.20(土)「嫁さんARIOレッスン,明日のフリマの準備など」の写真2010.11.20(土)「嫁さんARIOレッスン,明日のフリマの準備など」の写真
2010.11.19(金)「シナモントースト,おからドーナツ」

・「シナモントースト,おからドーナツ」【日記】


今朝もパーマカルチャー!とカーテンを開けて日光を取り込む。
これは曇りの日にはこれはやらないのだ。
窓ガラスに付いた結露を落として拭き取るだけでも入ってくる熱が数段強まる。
嫁さんが干してる干し芋も外に出して太陽に当てる。自然の恵みに感謝。


朝食は嫁さんが作ってくれた定番のシナモントーストと和風卵スープとココア。
シナモントーストはいつも通り文句なしの美味しさ。スープも野菜たっぷりで◎。
朝早い仕事なのだけど,毎日朝食とお弁当をしっかり作ってくれる嫁さんに感謝。

いつもはコンソメ味のスープなのだけどコンソメが切れたことでめんつゆを使用した
とのことなんだけどこれが意外と美味しい!


ゆき坊さんがおやつにおからドーナツを揚げてくれてた。
甘過ぎなくて美味しい。自分で作れば香料も保存料ももちろんゼロ。
小麦粉さえちょっと良いのを使えば味もレベルアップします♪


朝:シナモントースト(嫁作),和風卵スープ(嫁作)
昼:蓮根の炒め物弁当(嫁作)
夜:カレーライスGEKIKARA(俺作)
おやつ:おからドーナツ(嫁作),バナナクッキー(嫁作),ビスコッティ(嫁作)

2010.11.19(金)「シナモントースト,おからドーナツ」の写真2010.11.19(金)「シナモントースト,おからドーナツ」の写真2010.11.19(金)「シナモントースト,おからドーナツ」の写真2010.11.19(金)「シナモントースト,おからドーナツ」の写真
2010.11.18(木)「自転車の修理と男のカレー」

・「自転車の修理と男のカレー」【日記】


朝,自転車のブレーキの修理。
愛車はDAHONの折りたたみ自転車「SPEEDP8」。

ブレーキシューの交換はやってみると簡単だった。
高い自転車なのでメンテナンスして一生大切に使うんだ。


夕飯は男の料理カレーを振る舞う。自分で育てた芋,南瓜,ルッコラが嬉しい。
朝早い職場なので毎日弁当を作ってくれる奥さんを休ませたいので
週に何度かは料理するようにしてる。味は保証しないけどねっ。


・「自転車のVブレーキの修理」【DIY】


朝一で,自転車のVブレーキの修理をした。
今まではワイヤーを締めるだけで良かったのだけど,
今回はブレーキシューの消耗による交換作業。
少しレベルが高い作業に感じたのだけどやってみると簡単だった。

ブレーキの修理は今までは自転車屋さんに頼んでいた。
自分でやってみないといつまで経っても覚えられないと思っていたので,
持っていく度にいつか修理を目の前でやってくれると思っていたのだけど,
いつも預かりの作業になって肝心のやり方を見ることが出来なかった。

田舎暮らしを始めたらこういうちょっと良い自転車を見れる自転車屋も遠くなるだろうし,
お金の余裕も無い。でもそれよりなにより自分で直してみたいという向上心があった。
直すことで愛着が湧いてくることも知っていたから。

で,やってみたら30分ほどの簡単な作業だった。
逆に自転車屋さんが合わない部品を強引にねじ込んでたことも発覚。
素人相手だからってこういうのは困るよ…。プロ意識薄いねぇ。


朝:ノーマルパン(嫁作),わかめスープ(嫁作)
昼:海苔とひじきのお弁当(嫁作)
夜:野菜カレーライス(俺作),南瓜の煮付け男風味(俺作),ルッコラのサラダ(俺作)
おやつ:バナナクッキー(嫁作),ビスコッティ(嫁作)

2010.11.18(木)「自転車の修理と男のカレー」の写真2010.11.18(木)「自転車の修理と男のカレー」の写真2010.11.18(木)「自転車の修理と男のカレー」の写真2010.11.18(木)「自転車の修理と男のカレー」の写真2010.11.18(木)「自転車の修理と男のカレー」の写真
2010.11.17(水)「長野の先輩と知り合いになれる喜び」

・「長野の先輩と知り合いになれる喜び」【日記】


田舎に移住した方はオレ達の向かう方向へ進んでる方が多い。
しかも先に飛び込んで料理,天然酵母のパン,スィーツ,カフェ,古民家,野菜,穀物,エコ,染め物etcを
楽しまれてる先人だからレベルが違う。そんな方々とブログなどを通じて知り合えたときのワクワク感ったらない。

嫁さんが長野にお住まいの方と縁があり,やりとりを始めたようでとても楽しそう。
オレもそういう達人や仲間と出会いたいな。きっと出会えると信じてる。


自転車(DAHON SPEED)のブレーキが利かなくなって久しいのだけど,最近はいよいよ
全く効かなくなってしまった。この自転車を毎日通勤で利用してるのでなんとかせねば。
修理に出すことも考えたけど,それじゃ成長しないものね。

ブレーキの部品をネットで買うことも考えたけど,送料もかかるし自転車屋を応援したいしということで,
車でドライブ往復3時間,部品を買ってなんとか少し前進できた。

夕食は自転車屋に行きたかったので外食になり,外食となるとどうしても安くて好きなすき家になる。
食の安全の意味では正直,全く信用出来ないのだけど,今は仕方ない。もぐもぐ。


・「twitterとのうまい付き合い方決定版」【雑記】


mixiのマイミクとフォローを混同している方が多いので、
10人をフォローすればそのうち6,7人はフォロー返ししてくれる。
だから1日で1万人をフォローすれば1日でフォロアー数が6千人にはなれる。
でも、それに何の意味があるのか疑問?数字だけじゃん。

数字を伸ばしたい人にフォローされても,またはフォローしても,
お互いに見ないんじゃ意味なんて無いのだ。
見てくれる人に感謝して自分のつぶやくべきことをつぶやく。
志があったり筋が通ってれば自然とゆっくりフォロー数は増えていく。

オレとしては一人でもそらいろ農園やオレたちの活動を知って、
楽しんでくれたらそれで良いんだ。

よってその人のツィートの人気とフォロアー数の多さはイコールにならない。
オレが面白い人のツイッターかどうかを判断するときには
フォローしている数とフォローされてる数を比較しちゃうことにしてる。
もちろん,フォローされてる数のほうが多い人のほうが上質ってことだ。

例え一度フォローしてくれた相手にフォローを切られても悲しまないこと。
たまたまその人にとって興味のないつぶやきだっただけ。
取り繕ってフォロー返しして、相手が切ったら自分も切るとか
そんなやりとりの方がずっと疲れる。
どうしても見たい人だけフォローする、それがベスト。


朝:シナモントースト(嫁作),卵スープ(嫁作),ココア(嫁作)
昼:鶏肉の蓮根炒め弁当(嫁作)
夜:男のカレーライス激辛バージョン(俺作)
おやつ:バナナクッキー(嫁作),ビスコッティ(嫁作)

2010.11.17(水)「長野の先輩と知り合いになれる喜び」の写真2010.11.17(水)「長野の先輩と知り合いになれる喜び」の写真2010.11.17(水)「長野の先輩と知り合いになれる喜び」の写真2010.11.17(水)「長野の先輩と知り合いになれる喜び」の写真
2010.11.16(火)「素敵なものはいつも嫁さんから入ってくる」

・「素敵なものはいつも嫁さんから入ってくる」【日記】


嫁さんは料理研究家の高山なおみさんが好きらしくよく話に出てくる。
嫁が好きな物にハズレは少ない。
くうねるもクーヨンも天然生活もイェンスも赤星たみこもベニシアも
ターシャも彼女から教えて貰った。
時間があるときに家にある高山なおみさんの本も読んでみようと思う。


・「銀行振り込み失敗!信じられない奇跡が起きた!」【雑記】


信じられない,嘘みたいな話なんだけど,笑いの種のために書いておく。
何が起きても最後には笑って話すのが一番ってことで。

地元の大工さんに古民家改修の窓枠取り付け作業をお願いして帰宅したこの夏。
9月にいただいた請求書を正直みてぶったまげた。(まさか20万円を超えるとは…)
オレ達が日当で支払うと言ったためにこうなったわけで,
腕の良い大工さんということを考えると日当自体は安いし文句は言えない。

それ以外にも材料費の振り込みが5万,2万とかかったり,
歯医者で意外にお金がかかったり教習所の振り込みだったり,
なかなか233000円というお金が集められず2ヶ月が経ってしまった。

そんな中での「月曜日に振り込みます」と連絡しての振り込みだったわけだ。

月曜日に印鑑を忘れて振り込みが出来なかった嫁さんから「雨が降ってるのでもう来れらない」
という連絡をうけて,昼休みに汗だくになって会社→一時帰宅→銀行をこなしたのだけど,
その銀行振り込みに失敗していたことという話。

窓口の方の手数料が半額になるのでATMから操作してくださいという嘘くさい
アナウンスに従い,千葉銀行のATMで持っていた現金を自分の口座に入金し,
それを相手の口座に移動させる作業。

自分の口座に入金した時点での明細表も出した。(残高238,701円)
そして相手の口座に入金作業。

信じて貰えるか分からないけど,画面には最後まで失敗の文字は出なかった。
残高が足りませんの文字も出なかった。
ご利用ありがとうございました,明細を出しますか?まで正常だった。
だから先方に振り込んだ連絡をし,ほっとした。

振り込み失敗に気が付いたのは翌日。
先方には振り込みましたの連絡もした翌日だ。
明細を見てあれれ?お取引金額に対し,残高が不足してます。と書いてある。

何かの間違いだろうと近くのコンビニから残高を見てみると,なんと残高が222,400円ある。
振り込みされてない。。。

これはどういうことだろう。
自分の千葉銀行への預け入れをして残高を照会したときは23万8000円あったのに,
それが振込先を打ち込んでる25秒程度の間に引き落としがあったのだ。
信じられないけどそれしか道はない。

引き落としが余りにタイムリーだったので画面にも出せなかったのではないか。
本当,運が悪すぎる&面白すぎる。振り込みはもうこりごりだぜ。。


朝:ぶどうパン(嫁作),セロリスープ(嫁作)
昼:焼き鮭弁当(嫁作)
夜:手ごねハンバーグプレート(嫁作),豆から戻したコトコトひじき(嫁作),しみしみ鶏ガラの煮物(嫁作)
おやつ:ビスコッティ(嫁作),バナナクッキー(嫁作)

2010.11.16(火)「素敵なものはいつも嫁さんから入ってくる」の写真2010.11.16(火)「素敵なものはいつも嫁さんから入ってくる」の写真2010.11.16(火)「素敵なものはいつも嫁さんから入ってくる」の写真2010.11.16(火)「素敵なものはいつも嫁さんから入ってくる」の写真2010.11.16(火)「素敵なものはいつも嫁さんから入ってくる」の写真2010.11.16(火)「素敵なものはいつも嫁さんから入ってくる」の写真
2010.11.15(月)「森林組合から連絡が来た」

・「森林組合から連絡が来た」【日記】


頑張ってれば,飛び込めば,勇気を出せば必ず世界が広がるような面白いことが起こる。
地域サイトを必死で更新してるときもネットラジオを始めたときもそうだった。
今回は山林の木々をどう薪にしようか迷っていたのだけど,森林組合の方から今日連絡が来た。
現実はテレビよりドラマチックだといつも思う。

図書館からの本を読み進めるうち,木酢液と草木灰の使用について迷ってきた。
本によって良いとも悪いとも両極のことが書いてある。
心配なのは発がん性。
今の解釈は病害虫は減って美味しい野菜は出来るけど,
結局は完全に安心かどうかは現代科学では分からないってとこかな。


・「森林組合から連絡が来た」【田舎暮らし】


森林組合から連絡が来た。どこからあそこがうちの土地になったという情報を得たんだろう。
なんでも助成金が出る形でうちの土地の木を間伐したいとのこと。
木をカットしてくれるなんて願ってもないチャンスがあっちからやってくるなんて。


ただ,組合が間伐した木はそのままの形で置いていくとのこと。
木材にして利用するのもお金がかかって赤字になるしこうするしか無いらしい。
こうして全国の山で無駄になってる木材がたくさんあることを実感。
木を燃やすなとか言ってる連中にこの現状を知って貰いたいよ。


朝:ぶどうパン(嫁作),自家製じゃが芋の卵スープ(嫁作)
昼:鳥づくし海苔弁当(嫁作)
夜:鳥ガラと蓮根の煮物(嫁作),ひじき(嫁作),鰯(嫁作),大根の味噌汁(嫁作)
おやつ:

2010.11.15(月)「森林組合から連絡が来た」の写真2010.11.15(月)「森林組合から連絡が来た」の写真2010.11.15(月)「森林組合から連絡が来た」の写真2010.11.15(月)「森林組合から連絡が来た」の写真
2010.11.14(日)「信州そらいろ農園のメリットを考えてみる」

・「信州そらいろ農園のメリットを考えてみる」【日記】


11時頃から畑作業を3時間ほどやらせてもらう。
育ってきた野菜を観察してるのが今,一番好きかもしれない。

ぼかしの仕込みを途中までやって,畑の畝の土作りを2つ行った。
今回は発酵ぼかしスペースと堆肥スペースを作ってみた。
本当に発酵ボカシは効果があるのか,はてさて。

農作業には息子を連れて行ってみたり,嫁さんが一緒にでてくれたりと
オレ達の子育てはもちつもたれつ。気張らない飾らない。


・「信州そらいろ農園のメリットを考えてみる」【農業】


・信州そらいろ農園の畑のメリット1「水が美味しくて豊富にあること」
何よりこの地域の水が名水に指定されるほど美味しいことに加え,
その水が水道管を通さずに直接山から畑の横に流れてること。
この水源があるから野菜が美味く育つわけだ。


・信州そらいろ農園のメリット2「山林に土地があること」
一般の人から見たら山林なんど不要のはずだけど,自給自足の農家としては
落ち葉で自家製腐葉土が作れる。いやいやそもそも腐葉土を作らなくてもある。
これは実は最強では無いだろうか。

・信州そらいろ農園のメリット3「長野県の自然が野菜を元気にしてくれる」
長野県の長和町は山に囲まれた自然豊かな場所にあり,草木が元気なこと。
2月には全くなかった草花が5月には満開になり,

更に,5月には全くなかった雑草が7月には1mを越すジャングルに。
(草刈りに来いと近所の人から呼び出される程…)

嘘ではなく本当の話。そりゃ野菜も元気に育つわけだ。


・「10月17日に作ったボカシ2を畑の元肥に投入」【農業】


10月17日に作っておいた発酵ボカシを元肥として畑にすき混んで土作り。
発酵促進剤のコーランを入れるとしっかり発酵するみたい。
高いからあまり買いたくないのだけど仕方ない。
無しで作ってた人も居たからいつかは作れるようになりたい。
http://j.mp/9coSyb

ちなみに以前作ったぼかしよりも臭いも良くて成功した感じがする。
判定は臭いで分かるな。
ポイントは発酵促進剤を入れることと,水が思ったよりも少なくて良いこと。
にしても今更土作りって。
もっと先を読んでやらにゃな…。

・「腐葉土のその後」【農業】


9月か10月に作った落ち葉と野菜の残渣で作った腐葉土はかさが半分以下になった。
どこでも上にビニールシートをかけるとあるのだけど,
1年もかけてれば劣化して穴が空き,ゴミになってしまう。
エコの観点からそれが勿体なくてかけてないから熟成は当然遅い。
環境面では合格,野菜職人としては失格。


・「もぎたての枝付き柿」【頂物】


散歩で通りがかった友人のお母様宅は柿狩りの真っ最中で,枝付きの柿を
贅沢にいただいてしまった。ごちそうさまですっ。


・「お隣さんから頂いた柿」【頂物】


息子がてくてく遊びに行くので毎日,自家製のみかんを頂いているのだけど
今回は柿も頂いてしまった。長野行きを応援してくれるご主人に頂いたイチジクの苗は
しっかりと長野で根付かせますよっ♪


朝:シナモントースト(嫁作),お好み焼きの余り(嫁作)
昼:豚肉の野菜炒め(嫁作),納豆の自家製小松菜添え(俺作),味噌汁(嫁作),生卵
夜:オムライス(嫁作)
おやつ:新作クッキー2週類(嫁作)

2010.11.14(日)「信州そらいろ農園のメリットを考えてみる」の写真2010.11.14(日)「信州そらいろ農園のメリットを考えてみる」の写真2010.11.14(日)「信州そらいろ農園のメリットを考えてみる」の写真2010.11.14(日)「信州そらいろ農園のメリットを考えてみる」の写真2010.11.14(日)「信州そらいろ農園のメリットを考えてみる」の写真2010.11.14(日)「信州そらいろ農園のメリットを考えてみる」の写真2010.11.14(日)「信州そらいろ農園のメリットを考えてみる」の写真2010.11.14(日)「信州そらいろ農園のメリットを考えてみる」の写真2010.11.14(日)「信州そらいろ農園のメリットを考えてみる」の写真2010.11.14(日)「信州そらいろ農園のメリットを考えてみる」の写真
2010.11.13(土)「もてあます畑仕事とお散歩の日々」

・「もてあます畑仕事とお散歩の日々」【日記】


日中,液肥をあげたり少しだけ畑仕事。
この夏は長野に行ったりしてたので秋冬は収穫も作業も少ない。

その間,息子はぐるぐると家の周りを歩いて遊ぶ。
外に出るのは駄目と分かってくれたのでちょっと安心。

今日の夕方からのお散歩は自転車でマルエツへ。途中の旧坂道で「アァー」と嫁さんと一緒に叫びながら
楽しむ息子を見てこの子はジェットコースター大丈夫だとハト胸をなで下ろす。


・「みかんを食べたから皮をゴミ箱に捨ててくれる」【育児】



息子は毎回,食べたみかんの皮を自分でゴミ箱に捨てます。…偉い!
そしてみかんも外の皮を剥いてあげればあとは自分で1つ1つに分割して食べます。…偉い!


・「青梗菜(チンゲンサイ)がそれっぽくなってきた!」【農業】


青梗菜(チンゲンサイ)がそれっぽくなってきた。
こうやって太っていくんだなぁ。可愛いなぁ。
ちなみに化成肥料ゾーンも有機ゾーンも成長は変わらない感じ。
これで有機のほうが美味しくないと困っちゃうなぁ(笑)。



・「百合の花の種」【頂物】


おとなりさんからの頂き物。カワイイ~。
来年植えてみようっと。


朝:アジの塩焼き(嫁作),納豆のルッコラ添え(嫁作),塩豚炒め(嫁作),卵焼き(嫁作),味噌汁(嫁作)
昼:キャベツと茄子と塩豚のパスタ(嫁作)
夜:自家製お好み焼き(嫁作)
おやつ:小豆のデザート(嫁作),雑穀のスィーツ(嫁作)

2010.11.13(土)「もてあます畑仕事とお散歩の日々」の写真2010.11.13(土)「もてあます畑仕事とお散歩の日々」の写真2010.11.13(土)「もてあます畑仕事とお散歩の日々」の写真2010.11.13(土)「もてあます畑仕事とお散歩の日々」の写真2010.11.13(土)「もてあます畑仕事とお散歩の日々」の写真2010.11.13(土)「もてあます畑仕事とお散歩の日々」の写真2010.11.13(土)「もてあます畑仕事とお散歩の日々」の写真2010.11.13(土)「もてあます畑仕事とお散歩の日々」の写真2010.11.13(土)「もてあます畑仕事とお散歩の日々」の写真2010.11.13(土)「もてあます畑仕事とお散歩の日々」の写真2010.11.13(土)「もてあます畑仕事とお散歩の日々」の写真2010.11.13(土)「もてあます畑仕事とお散歩の日々」の写真2010.11.13(土)「もてあます畑仕事とお散歩の日々」の写真
2010.11.12(金)「野生の熊の恐ろしさを知る」

・「野生の熊の恐ろしさを知る」【日記】


ひょんな事から夜19時に外に出る機会があったので庭の畑を見てみると,
なめくじやバッタやヨトウムシが小松菜やルッコラの葉っぱに付いていた。
虫食い野菜はどのラインまではOKで,どのラインからは販売NGなのだろう。

今日も美味しい食事と家族の元気に感謝。
野生の熊の恐ろしさを知って震えたりしてた。

しかも長野の引っ越す予定の町にこないだ熊の目撃情報があったばかりなんだけども。。
野生をなめてはいけない。対策をしっかりしなくちゃな。…かっこよくね。


・「野生の怖さと人の気持ちになって考えることを忘れてる日本人へ」【雑記】


「クマを殺さないで!」批判殺到 猟友会「現実分かっているか」と反発
http://j.mp/cNcJWN
野生の熊の怖さを何も分からんで可哀相だからって平和馬鹿は下のリンクを読んで欲しい。
三毛別羆事件(Wikipedia)
http://j.mp/dgFI1A

自分が上の事件の当事者のつもりで読むと膝が震えた。
家にいたのに壁を壊して乱入され,自分の嫁さんを食われて死体を保存食として埋められても,
背負っていた息子の頭をかじられても,人間は2.7m,340kgの巨漢熊には勝てない。


朝:ぶどうパン(嫁作),パン(嫁作),プルーンジャム(嫁作)
昼:ハンバーグ海苔弁当(嫁作)
夜:アジの塩焼き(母作),大豆の五目煮(母作),イカの塩辛(頂物),味噌汁(嫁作)
おやつ:バナナクッキー(嫁作),雑穀クッキー(嫁作)

2010.11.12(金)「野生の熊の恐ろしさを知る」の写真2010.11.12(金)「野生の熊の恐ろしさを知る」の写真2010.11.12(金)「野生の熊の恐ろしさを知る」の写真
2010.11.11(木)「オレ達家族の人生のテーマは家族と手作り」

・「オレ達家族の人生のテーマは家族と手作り」【日記】


オレ達家族の人生のテーマは家族と手作りだ。
毎日で家族でいろんなものを手作りするからそこに笑顔や感謝が生まれる。
家族の仲が良いのが誇りだ。それだから強いのだ。
今は人の幸せを優先して考える人が多いけどまずは自分と家族だと思うんだ。

錦糸町アリオの教室から帰ってきた嫁さん。
今日も生徒さん達に嬉しい言葉をたくさん聞けたらしくてにこにこ笑顔。
授業終了後も40分位帰らずに話して盛り上がったんだって。
本当,素敵な教室だと思う。長野でもパワーアップしてやりたいね。


ツイッターは興味のある人をフォローするものだと思ってるのでフォロー数を増やすためのフォローやつなぎ止めておく為のフォロー返しはしません。自分は農業,田舎暮らし,食の安全,DIY,手作り,養鶏,長野,古民家の類を多くつぶやかれる方のみフォローさせていただいてますのでご容赦ください。


・「日本人のみんな,自分で食べ物を考えよう,選ぼう」【農業コラム】


今日もスーパーで売られてるその激安野菜。
それに使われてる農薬は人も殺せる毒物であることを忘れてはいけない。
安物買いの命失い。病気になってからじゃもう遅いんだよ。
現代人よ,悪いことは言わん。食の本を読め。そして行動しよう。

オレは行動したぞ。
居心地の良い仕事を辞めて,野菜肉卵を自給する不安定な生活へ。
もうすっかり価値観が逆転してるから田舎暮らしのストレスもない。
都会の人混みや流行のお店やファーストフードやカラオケに未練もない。

ストレスと抗生物質まみれの肉や農薬にまみれた市販野菜,さようなら。
形が悪くて不揃いで,だけど強くて美味しいオレの手作り野菜,こんにちわ。

2010.11.11(木)「オレ達家族の人生のテーマは家族と手作り」の写真2010.11.11(木)「オレ達家族の人生のテーマは家族と手作り」の写真2010.11.11(木)「オレ達家族の人生のテーマは家族と手作り」の写真2010.11.11(木)「オレ達家族の人生のテーマは家族と手作り」の写真
2010.11.10(水)「パーマカルチャーと収穫した生姜の生姜焼き」

・「パーマカルチャーと収穫した生姜の生姜焼き」【日記】


冬の朝だけは「パーマカルチャー」と心の中で叫びながらカーテンを全解放してガラス戸から
朝日の熱を家に取り入れる。閉めてた方が温かいイメージがあるかもしれないけど,空けた方が
断然温かい。冬の光は部屋に入りやすい角度なんだ。

今年の夏,突然の体験のお願いに対応してくれたトマトの有機野菜農家さん。
とても感謝しているのだけど,ただ,ミニトマトの味で言うとうちで作ったトマトの方が断然,
甘くて美味しかった。相手はプロで有機野菜。違いがあるとすればハウスか露地かの違いだけ。
太陽の日差しを浴びれる露地栽培強し。

夜はお願いして収穫した生姜を使って豚生姜焼きを作ってもらった。
小さくて切りづらいというクレームは来た物の,味はバツグン!風味良し。
今年は長野に行ってて殆ど枯れてしまったけど,来年からはもっと作りたいな。


・「自家製液肥の使い方」【農業】


仕込んでおいた自家製油かす&米ぬか液肥を,かな~り薄めて水やりのように与えてる。
ポイントは臭いがしないレベル,もしくはかすかに香る程度まで薄めること。
そしてこれを葉ではなく苗の周りにかけてやる。
その液肥の影響なのか青梗菜と小松菜の成長がここに良い気がする。


朝:ぶどうパン(嫁作),卵焼き(嫁作)
昼:鮭弁当(嫁作)
夜:自家製生姜の生姜焼き定食(嫁作)
おやつ:クッキー4種類(嫁作),小豆の煮物(嫁作)

2010.11.10(水)「パーマカルチャーと収穫した生姜の生姜焼き」の写真2010.11.10(水)「パーマカルチャーと収穫した生姜の生姜焼き」の写真2010.11.10(水)「パーマカルチャーと収穫した生姜の生姜焼き」の写真2010.11.10(水)「パーマカルチャーと収穫した生姜の生姜焼き」の写真2010.11.10(水)「パーマカルチャーと収穫した生姜の生姜焼き」の写真2010.11.10(水)「パーマカルチャーと収穫した生姜の生姜焼き」の写真
2010.11.09(火)「永田農法というものに遭遇してカルチャーショック」

・「永田農法というものに遭遇してカルチャーショック」【日記】


永田農法というものに遭遇してカルチャーショック。
世の中には面白い農法がたくさんあるもんだ。
http://bit.ly/alrXPA

嫁さんはよく焼き菓子などのお菓子を作ってくれるのだけど,
息子が成長してくれたのでまたその回数が増えてきてくれた。
今朝も4種類の焼き菓子がたっぷり瓶に詰まってる。
美味しいからすぐなくなっちゃうけど。ありがと!
http://bit.ly/9Hrglh

あ,聞いてみるともう一種類作ったらしい。。。なんて人だ。
1日で5種類をちょっとずつ作るとは。手間暇かけてるなぁ。


朝:葡萄パン(嫁作),卵スープ(嫁作)
昼:ほっけとひよこまめのカレー煮の海苔弁当(嫁作)
夜:焼き鮭(嫁作),ひよこ豆の挽肉カレー煮,もやしのナムル(嫁作),茄子の味噌汁(嫁作),
おやつ:チョコのクッキー(嫁作),バナナのクッキー(嫁作),雑穀のクッキー1(嫁作),雑穀のクッキー2

2010.11.09(火)「永田農法というものに遭遇してカルチャーショック」の写真2010.11.09(火)「永田農法というものに遭遇してカルチャーショック」の写真2010.11.09(火)「永田農法というものに遭遇してカルチャーショック」の写真2010.11.09(火)「永田農法というものに遭遇してカルチャーショック」の写真2010.11.09(火)「永田農法というものに遭遇してカルチャーショック」の写真2010.11.09(火)「永田農法というものに遭遇してカルチャーショック」の写真2010.11.09(火)「永田農法というものに遭遇してカルチャーショック」の写真
2010.11.08(月)「庭の畑の生姜を収穫」

・「庭の畑の生姜を収穫」【日記】


会社がお休みだったので畑作業を進めた。
こないだ拾ってきてた落ち葉で庭の畑を埋め尽くしてみたらなんだかほっとした。

試しに庭の畑の生姜を収穫してみた。
でも嫁さん曰く,これではサイズが小さいらしい。
難しいのう。。動物性堆肥が足りなかったか。


・「落ち葉で畑の表面を覆う」【農業】



昨日,里見公園で拾ってきた落ち葉を畑の表面にまいた。
これが堆肥に変わるのには相当な時間が掛かるだろうけど,それが自然でいいじゃない。

タダ作業をしながら,この公園で拾った落ち葉も毛虫の消毒(消毒と書くと聞こえは良いけど毒物)が
されてるわけで。考え出すときりがない。だけど極限までこだわりたい。素人だから出来ることもある。
この問題の解決方法はズバリ長野の山の落ち葉を使うこと。来年からこれで一発解決,ニヤリ。


・「生姜の収穫」【農業】



生姜はこの夏にたくさん植えたのだけどほぼ全滅状態だった。
今年の猛暑と干ばつで水が必要な生姜に水をあげられなかったのが原因。
(一ヶ月間,長野に行っていたので…)

それでも何個か収穫は楽しめそう。
小ぶりだけど農薬まみれの市販の物よりは香りも強くて嬉しい。


・「白菜,大根,青梗菜,小松菜などの種まき」【農業】


各畑の空いてるスペースに適当に種まき。
白菜,大根,青梗菜,小松菜など。

しかしつまらないラインナップ。
変わり種の種はどこに売ってるんだろう。
農協ってやつか?


朝:ほっけの塩焼き(嫁作),ねぎ納豆(嫁作),卵焼き(嫁作)
昼:男の手抜き焼きそば(俺作)
夜:茄子ともやしなどの炒め物(俺作),自家製じゃが芋の甘辛煮(嫁作),味噌汁(嫁作)
おやつ:お肉やさんのコロッケ(買物)

2010.11.08(月)「庭の畑の生姜を収穫」の写真2010.11.08(月)「庭の畑の生姜を収穫」の写真2010.11.08(月)「庭の畑の生姜を収穫」の写真2010.11.08(月)「庭の畑の生姜を収穫」の写真2010.11.08(月)「庭の畑の生姜を収穫」の写真2010.11.08(月)「庭の畑の生姜を収穫」の写真2010.11.08(月)「庭の畑の生姜を収穫」の写真2010.11.08(月)「庭の畑の生姜を収穫」の写真2010.11.08(月)「庭の畑の生姜を収穫」の写真
2010.11.07(日)「公園で嫁さんのてづくり石鹸の写真撮影!」

・「公園で嫁さんのてづくり石鹸の写真撮影!」【日記】


また使えるようになったhidematterから投稿テスト!
hidematterはtwitterを秀丸から投稿出来るツール。
半年間待ってた甲斐があった!制作者の方,ありがとう!!
http://bit.ly/aq9TJu
twitterにもあまり時間かけたくないのでオレにはこのツールは必須だわ~。

1歳7ヶ月になった息子。
長野に引っ越して2歳になったこの子を保育園に預けるとしたら気になるのはお値段。
長和町のサイトで調べると金額は所得税と子供の年齢で決まるらしい。
うちは多分月33000円。高いな…。
来年から年収数万円になるのに前年度対象が痛いなぁ。

近くの雰囲気の良い公園に嫁さんの手作り石けんの写真を撮影に行こうと計画中。
撮影は1日1回の息子の寝る2時間以外の間しか出来ないけど,
良い写真が撮れたら嬉しいな。そしてある程度接写も出来るレンズが欲しい。

市川中央図書館で本を返してまた15冊ほど借りた後,姉に偶然を装って会うために
コルトンプラザへ。しかし結局市川には居ないことが分かって断念。
船橋の激安スーパーてらおでお買い物。テーマは「本当に必要なものだけ買う」。

その後,里見公園で嫁さんと手作り石鹸の撮影会。

自然の中で木の机にずらっと並べられた色とりどりの石鹸は感動するほど綺麗で
シャッターを切るのが気持ちよかった。

嫁さんが撮影してたときに野球チームの少年達がみんな机を取り囲んでて何事かと思ってしまった。
デジカメがもう一台あれば撮影したのになー。
綺麗ーとか言って集まってきてたらしい。君たちにも分かるかこの良さが。

夜からは借りてきた本の一冊「自然農法を始めました(東京書籍2003年出版)」を読んでお勉強。
自然農なのにトラクターで耕したり,ぼかし肥を入れたりしてらっしゃる。
こないだの赤目塾の例もあるので最近の自然農の定義には「無肥料」は入らないらしい。
最初からそう言ってくれたらいいのに。

勉強してきたことやこの4年間の農業で体験してきたことが繋がってきた。
このイメージで長野の本番の畑で成功するか否か,実践するのが楽しみだ。
自分の手で作るから100%安全な野菜になる。野菜が美味しければパスタも丼も炒飯もピザも美味くなる。
田舎暮らし最高っ!!


朝:ニンニクとネギの納豆パスタ(俺作)
昼:自家製お好み焼き(嫁作)
夜:あったか素麺(嫁作)
おやつ:バナナクッキー(嫁作),チョコバナナタルト(嫁作)

2010.11.07(日)「公園で嫁さんのてづくり石鹸の写真撮影!」の写真2010.11.07(日)「公園で嫁さんのてづくり石鹸の写真撮影!」の写真2010.11.07(日)「公園で嫁さんのてづくり石鹸の写真撮影!」の写真2010.11.07(日)「公園で嫁さんのてづくり石鹸の写真撮影!」の写真
2010.11.06(土)「友人と一緒に石鹸の商品作り作業を手伝う」

・「友人と一緒に石鹸の商品作り作業を手伝う」【日記】


職場は授業参観ということで朝から勝手に掃除機をかけたりしてた。
後はバナー画像の作成や修学旅行の写真閲覧ページの作成など。

嫁さんは埼玉わざわざショップを見に来てくれた同級生と食事したり,
バザーに行ってお隣さんと遭遇したりしてたらしい。

仕事から帰ると家に,近くまで来た友人が遊びに来てくれてた。
息子が寝てる間にしかショップの準備が出来ないという話から,
じゃあ今やろうよという友人の声に急遽,3人で石鹸の商品作りになった。

ラッピングも実際に手伝ってみるとこれがかなり大変だった。
表紙のラベル作り,裏のラベル作り,包装紙のカット,包装…。
ラベルは1文字ずつ1文字1文字スタンプで押していく緻密な作業。
嫁さんのコダワリが随所に見れる。石鹸作って終わり,じゃなかったんだね。
頭が下がります。

友人は17時まで手伝ってくれてかなり作業ははかどった。
楽しい時間をありがとね。長野に行くまでの間にまた遊ぼう。


朝:自家製ホットケーキ(嫁作)
昼:あさり焼き(頂物)
夜:男の残飯炒飯(俺作),味噌汁(俺作)生卵
おやつ:雑穀クッキー(嫁作),バナナクッキー(嫁作)

2010.11.06(土)「友人と一緒に石鹸の商品作り作業を手伝う」の写真2010.11.06(土)「友人と一緒に石鹸の商品作り作業を手伝う」の写真2010.11.06(土)「友人と一緒に石鹸の商品作り作業を手伝う」の写真2010.11.06(土)「友人と一緒に石鹸の商品作り作業を手伝う」の写真2010.11.06(土)「友人と一緒に石鹸の商品作り作業を手伝う」の写真
2010.11.05(金)「USBカメラでお婆ちゃんとビデオチャット」

・「USBカメラでお婆ちゃんとビデオチャット」【日記】


夕方,恒例になってきたみんなでお散歩へ。
定時に帰宅して職場の人たちから白い目で見られようがそれでも良い。
オレにとって大事なのは家族であり,仕事は定時内で終わらすものなんだ。

里見公園への道中も息子は大喜びで走る話す何でも触る。ひとときもじっとしてない。
元気いっぱい。途中,知り合いの1歳五ヶ月の女の子とも遭遇,息子にんまり。

どこが良いんだかさっぱり分からない新東京タワーを絶景ポイントから眺めて,
もう真っ暗になっちゃったけど広場で遊んで。そうそう,畑で使う落ち葉を拾ったりもした。

帰宅してびっくり。嫁さんは今日もいろいろ手仕事をしていた。
カボチャとレンコンをカットして天日に干して乾燥,それを油で炒めてチップスに。
バナナはシナモンを振りかけて揚げバナナに。
その他にクッキーも焼いてるってんだから。あの息子が居てよくぞまぁ。

食べてみると市販のポテチなんて目じゃない美味しさ。みんなでボリボリ食べまくった。
息子なんて口に頬張りすぎておぇっとなってた。

甘いお菓子は一通り満足したのでしょっぱいのも食べたいなと伝えたのが数日前。
それを楽しみながらこうやって作ってくれる奥さんは最高だわ。

夜,買ってきたUSBカメラで実家と接続テスト。
今(8年位前からずっとそうだったけど)は無料でビデオ通話が楽しめる時代。
携帯のAUもパソコンへのスカイプ通話に対応するというしもう固定電話も要らない。
(NTTも固定電話の終了をアナウンスしたしね)

ちょっとしたテストのつもりが実家は大騒ぎで息子と話してくれて,それ見て息子も
大喜び。画面の中のおばあちゃんを掴もうとして大変。
最後はバイバイで終わるはずが,別れが分かってきた息子はそれを言わない。
通話を切った後は「つけて~」と腕を引っ張られる。

自分も仲の良かった従兄弟の家に遊びに行ったときは別れ際にいつも泣いてたっけ。
それを思い出してハト胸がキュンとなった。

夜は1つのベッドでみんな一緒にくっついて寝る。朝起きるのもみんな一緒。
家族が一緒で,美味しいご飯とおやつが食べられて。んもぅ最高!(嫁さんの真似)


朝:シナモントースト(嫁作),ジャガたまスープ(嫁作)
昼:さば海苔お総菜弁当(嫁作)
夜:ほっけの開き(嫁作),手羽先の煮物(嫁作),茄子の味噌汁(嫁作),もやしルッコラ納豆(俺作),カクテキ(頂物)
おやつ:チョコタルト(嫁作),雑穀のクッキー(嫁作),メープルシロップのクッキー(嫁作),蓮根チップス(嫁作),南瓜チップス(嫁作),揚げバナナ(嫁作)

2010.11.05(金)「USBカメラでお婆ちゃんとビデオチャット」の写真2010.11.05(金)「USBカメラでお婆ちゃんとビデオチャット」の写真2010.11.05(金)「USBカメラでお婆ちゃんとビデオチャット」の写真2010.11.05(金)「USBカメラでお婆ちゃんとビデオチャット」の写真2010.11.05(金)「USBカメラでお婆ちゃんとビデオチャット」の写真2010.11.05(金)「USBカメラでお婆ちゃんとビデオチャット」の写真2010.11.05(金)「USBカメラでお婆ちゃんとビデオチャット」の写真2010.11.05(金)「USBカメラでお婆ちゃんとビデオチャット」の写真2010.11.05(金)「USBカメラでお婆ちゃんとビデオチャット」の写真2010.11.05(金)「USBカメラでお婆ちゃんとビデオチャット」の写真2010.11.05(金)「USBカメラでお婆ちゃんとビデオチャット」の写真2010.11.05(金)「USBカメラでお婆ちゃんとビデオチャット」の写真
2010.11.04(木)「自然の感覚と使い終わったジャムと小豆煮とさつまいも」

・「自然の感覚と使い終わったジャムと小豆煮とさつまいも」【日記】


朝,嫁さんが作った紅玉りんごのジャムを1瓶使い切ったときの気持ちよさったら。
ジャムはカビが生えちゃうイメージがあったけど,手間暇を惜しまず作れば生えにくい。
嫁さんはジャム作りのその辺のノウハウが溜まってきたようだ。
作ること。そしてそれを最後まで食べきること。当たり前のことが心地よい。

畑の極意のうち1つで,出来そうで出来てない基本中の基本。
「土を覆い隠す」こと。
有機農法や自然農ではどの誰もがそう言い,どの本でもそう書いてある。
そして覆うのはマルチではなく,狩った雑草や剪定した枝の葉っぱだ。
燃えるゴミが逆転,時間をかけてゆっくりと堆肥に戻る。

ワラを敷いたら急に育生が良くなった気がする。
この「気がする」はオレにとってとても大切な感覚だったりする。

例えば一昨日の風と空の具合からここ数日はしばらく雨は降らないと予想してる。
感覚が全て。象はその足の裏で数キロ先の動物達の動きを察知するという。
農家だからというだけじゃなく,生き物としての感覚を取り戻したい。

ふと去年の夏の画像を見てて去年頑張ってたのを思い出した。
1日でうどん打ってトマトでケチャップ作って柿干してパイ焼いてパウンドケーキ焼いて。
今年は息子が歩き出したのでなかなかこうはいかないんだよね。
あの頃は良かった,なんちて。今度は成長した子供といろいろやるんだ。
【2009.10.23の写真】 (→2009.10.23の日記はこちら
2009.10.23の写真2009.10.23の写真2009.10.23の写真2009.10.23の写真2009.10.23の写真2009.10.23の写真2009.10.23の写真2009.10.23の写真2009.10.23の写真2009.10.23の写真2009.10.23の写真2009.10.23の写真2009.10.23の写真2009.10.23の写真2009.10.23の写真2009.10.23の写真2009.10.23の写真2009.10.23の写真2009.10.23の写真


朝:食パン(嫁作),自家製ジャム2種類(嫁作),卵スープ(嫁作)
昼:鶏肉の生姜煮海苔弁当(嫁作)
夜:鶏と里芋と蓮根の煮物(嫁作),さばの塩焼き(嫁作),間引き野菜の納豆(嫁作),自家製ジャガの味噌汁(嫁作)
おやつ:サツマイモ(嫁作),ことこと小豆煮(嫁作),

2010.11.04(木)「自然の感覚と使い終わったジャムと小豆煮とさつまいも」の写真2010.11.04(木)「自然の感覚と使い終わったジャムと小豆煮とさつまいも」の写真2010.11.04(木)「自然の感覚と使い終わったジャムと小豆煮とさつまいも」の写真2010.11.04(木)「自然の感覚と使い終わったジャムと小豆煮とさつまいも」の写真2010.11.04(木)「自然の感覚と使い終わったジャムと小豆煮とさつまいも」の写真2010.11.04(木)「自然の感覚と使い終わったジャムと小豆煮とさつまいも」の写真2010.11.04(木)「自然の感覚と使い終わったジャムと小豆煮とさつまいも」の写真
2010.11.03(水)「掘り出し物いっぱい,聾学校の文化祭へ!」

・「掘り出し物いっぱい,聾学校の文化祭へ!」【日記】


近所の犬のお散歩友達から聞いた情報,そうだ11月3日は聾学校の文化祭だ。
一昨年まで行ってたよな。そんなわけで,筑波大学付属聾学校(特別支援学校とは呼ばん)の
文化祭へ,家族3人で行って来た。

写真は「ようちぶ(幼稚園)」のおばけのレストラン。
そこいらの高校生もビックリのこの展示品のレベル。作ったの幼稚園児よこれ!
聴力が弱いということで気合いの入り方が違うのか,教員のレベルが高いのか。
本当,素晴らしいです。将来有望。将来は君たちがこの国を正していってください。

極力,出費は控えるつもりがつい焼き鳥や餅も買っちゃってご馳走様!

バザーの戦利品は嫁さんも大満足のこちら。
こちら本7冊,カルタ,パズル,車2台,ウルトラマンの人形5体,レゴのセット,
そしてヘルメット付のローラーブレードセット。これでいくらだと思います?
なんと670円なんですわ!!安すぎる!レゴだけでその値段だよね普通。
みんな遊んだ後は数年後にまたここに出すんだろうな。

畑作業的には地植えで2mを超えてしまったユーカリを撤去してみると,
ローズマリーのような強い香りがあったので葉っぱを虫除け用に畑の表皮に蒔いてみた。
しかしユーカリは成長が早い。食べられるレシピがあればいいのにな。


・「大根の種まき」【農業】


耐病総太大根 借りてる畑に3箇所3粒ずつ
作りすぎたらたくあんにしても良いことに気が付く。そっか。


・「柿の種の採種」【農業】


頂いた自家製柿(甘柿)から採れた種。
濡れたティッシュにくるんだものをビニールに入れた状態で冷蔵庫に入れておいた。
蒔くのは来年4月とのこと。

柿は干し柿や柿渋など利用価値が高い。そらいろ農園の果樹として頑張って貰うために,
知ってる知識くらいは全て活用して出来るだけの努力はしたい。

果肉のある種子の場合は、果肉に発芽抑制物質が含まれる場合が多いので、果実を水洗いし果肉をしっかり落してからすぐに播種します。発芽するのは翌年の4月ごろなので、日陰に置き、週1~2回ほど潅水し用土を乾燥させないようにします。すぐに播種できない場合には、水洗い後、湿った砂などと一緒に袋に入れ冷蔵庫で保存します。乾燥させると極端に発芽しにくくなります。


・「自家製柿2種類,その他自家製野菜」【頂物】


お隣さんからの頂き物。ありがたい話を色々聞けた。
原田語録。
「田舎暮らしのコツは1つだけなんだよ。それは質問することだ」
例え知ってる知識でも知らないふりして質問すればいい。」


朝:ノーマル食パン(嫁作),ソーセージ炒め(嫁作),セロリスープ(嫁作),手作りジャム各種(嫁作)
昼:白河ラーメン(頂物)
夜:カレーライス(嫁作),鶏肉の生姜煮(嫁作),茄子とセロリの炒め物(嫁作),間引き大根の納豆(嫁作)
おやつ:磯部餅(買物),

2010.11.03(水)「掘り出し物いっぱい,聾学校の文化祭へ!」の写真2010.11.03(水)「掘り出し物いっぱい,聾学校の文化祭へ!」の写真2010.11.03(水)「掘り出し物いっぱい,聾学校の文化祭へ!」の写真2010.11.03(水)「掘り出し物いっぱい,聾学校の文化祭へ!」の写真2010.11.03(水)「掘り出し物いっぱい,聾学校の文化祭へ!」の写真2010.11.03(水)「掘り出し物いっぱい,聾学校の文化祭へ!」の写真2010.11.03(水)「掘り出し物いっぱい,聾学校の文化祭へ!」の写真2010.11.03(水)「掘り出し物いっぱい,聾学校の文化祭へ!」の写真2010.11.03(水)「掘り出し物いっぱい,聾学校の文化祭へ!」の写真2010.11.03(水)「掘り出し物いっぱい,聾学校の文化祭へ!」の写真2010.11.03(水)「掘り出し物いっぱい,聾学校の文化祭へ!」の写真2010.11.03(水)「掘り出し物いっぱい,聾学校の文化祭へ!」の写真2010.11.03(水)「掘り出し物いっぱい,聾学校の文化祭へ!」の写真2010.11.03(水)「掘り出し物いっぱい,聾学校の文化祭へ!」の写真2010.11.03(水)「掘り出し物いっぱい,聾学校の文化祭へ!」の写真2010.11.03(水)「掘り出し物いっぱい,聾学校の文化祭へ!」の写真2010.11.03(水)「掘り出し物いっぱい,聾学校の文化祭へ!」の写真2010.11.03(水)「掘り出し物いっぱい,聾学校の文化祭へ!」の写真
2010.11.02(火)「自然農について調べ考え,ハマる」

・「自然農について調べ考え,ハマる」【日記】


子供の反応が可愛くて夫婦で悶える毎日。
ただいま我々,幸せであります!
親になってみると自分の親がどうして自分を可愛がってくれたかが分かる。
感謝だよこれは。先祖にも感謝。ありがとう。

嫁さんは今日も近くの広い公園で息子といっぱい遊んできたとのこと。
滑り台でずっと遊んでたんだって。

夕方からは歯医者。
自転車で市川駅までは往復40分。全力疾走するので良い運動。
渋滞の車を30台は抜いてやった。爽快!人力の勝利!!

今日はちょっと夜更かしして嫁さんと田舎暮らしを話し合った。
試してみたいこと,やらねばならんことが山積みだ。


川口さんの自然農は米ぬかや油かすの他に台所から出る生ゴミも畑にまいていた。畑から出る物は畑に返す原則に従っているということだ。草刈りした雑草は畑に戻す,肥料はあげすぎない程度に与える,虫も多くなれば排除する。これは自分の目指してる物と同じだ。つまるところ耕さないのが自然農かな。


先ほど「耕さないのが自然農」だという結論だったのだけど,先ほどのサイトに大根の種まきの時は「土を2,3cm耕作する」とあった。こうなるともう何がなんだか分からん…。となると「あまり深く耕さないのが自然農」かな。それとも耕さないってのはなるべく耕さないようにしようって意味なのかな。


有名な川口由一さんの自然農のページ。素晴らしい情報満載。http://bit.ly/9XdFR7 ただ驚くことに米ぬかと油かすをを畑にまいている。いや,あら探しをしてるわけじゃないのだけど,これにはかなりビックリした。これならオレのやってる畑も自然農と言えるんじゃないのか!?



・「長崎のチョコカステラ」(頂物)


職場の仲良くさせて頂いてる先生からの修学旅行のお土産。
ご馳走様です~。早速半分食べ終わりました♪


朝:自家製バジルピザ(嫁作),レーズントースト(嫁作)
昼:手ごねハンバーグ弁当(嫁作)
夜:ひよこまめのカレー(嫁作)
おやつ:バナナタルト(嫁作),雑穀のクッキー(嫁作)

2010.11.02(火)「自然農について調べ考え,ハマる」の写真2010.11.02(火)「自然農について調べ考え,ハマる」の写真2010.11.02(火)「自然農について調べ考え,ハマる」の写真2010.11.02(火)「自然農について調べ考え,ハマる」の写真2010.11.02(火)「自然農について調べ考え,ハマる」の写真
2010.11.01(月)「ひよこ豆のスナック」

・「ひよこ豆のスナック」【日記】


離れた親に息子の成長を見せてやりたいのと,逆に息子にお婆ちゃんとの会話を
楽しんで貰いたくて高画質なWEBカメラを購入に踏み切った。

長野の田舎はNTTも無いので気兼ねなく電話するにはこれが一番の選択だろう。
今は知識があれば無料でテレビ電話が出来る時代なのだ。
それにしても20時半からずっと迷ってようやく5000円の買い物のレジに進めたわ…。

昨日,奥さんが作ってくれたひよこ豆のスナック。
とってもシンプルなんだけどこれは美味でもぐもぐたべちゃう。
お店でお通しで出されたらやるなって思っちゃう味。
こうやって定番が増えていくんだよね。


噂の自然農は長野の畑2で試してみよう。畑2はフキやタラの芽やウドが自生している畑で元々耕す予定は無かった畑なので都合良し。自家製鶏糞と落ち葉堆肥の昔ながらの有機農法か,自然農か,1年でしっかり見極めよう。2種類食べ比べパックも売ろうかな。http://bit.ly/9i5WP1



朝:ぶどうパン(嫁作),自家製ジャガのセロリスープ(嫁作)
昼:豪華天丼弁当(嫁作)
夜:ひよこまめのカレーライス(嫁作)
おやつ:ひよこまめのスナック(嫁作)

2010.11.01(月)「ひよこ豆のスナック」の写真2010.11.01(月)「ひよこ豆のスナック」の写真2010.11.01(月)「ひよこ豆のスナック」の写真2010.11.01(月)「ひよこ豆のスナック」の写真
あべっち