2008年04月の千葉県市川市国府台 生活日記
2008年04月30日 「千葉県市川市でいろいろなものを作り出すカップル」
帰宅すると彼女さんが今度のせっけん教室で使う
リキッドソープとやらを作ってた。
この家の古いつくりとあいまって「昭和」を感じた。

うちの台所にはこのリキッドソープが使われていて、
これで髪も体も洗うことが出来る。
防腐剤や合成界面活性剤を使ってないので、
安心して使うことが出来る。頭皮が、体が喜ぶのだ。

オレはこの人と付き合うまでは、激安の弱酸性ビオレや
カネボウナイーブをスーパーで買って使っていた人だ。

それが今では手作りの天然せっけんや
ディッシュソープを使い放題ときたもんで、
まさに天と地を味わっている。運が良いわ、オレ。

夜、親から、「明日からガソリンが値上がるよ」とメールが届く。
え、、安くなるんじゃなかったの??
小麦粉やお菓子やいろいろなものが急激に値上げ。

値上げが悪いこととは思わないけど、その半面で、
良くなったことなんて1つもない。
一体何をやってるんだろう、この国は。

これからの日本では「自給自足できる人」が強くなる。
オレと彼女はその一味になりたい。

2008年04月29日 「原木大好き!コーナン大好き!農園で農作業」
お休みということで朝から車で市川市原木方面へ。
まずは東京流通センターでお買い物。
流通センターなんていうと堅苦しい感じだけど要は、
南八幡のABS(エビス)の巨大版。

車で行きづらいABS南八幡店と比べるとこちらは
車で乗り入れることが出来るので気分爽快。
ソースにケチャップ、お菓子や食べ物などなどを買い込んだ。

で、原木の市民農園に到着して農作業開始。
4時間位、草抜きですか。。疲れたぁぁ。。

コーナンで苗やらをお買い物。
広いなぁコーナン、楽しいなぁ、コーナン。
市川は八幡のコルトンプラザと原木のコーナンで生き生きする。

スイカの苗やらを植える。
去年、畑の師匠から教わった方法を思い出しつつ再現。
どうか今年も美味しいスイカに育ってね。
2008年04月28日 「さよなら、水鳥みずちゃん」
…。
朝、水鳥の小屋を見てみると、鳥ちゃんだけが…居ない。
巣箱の中に穴の開いている箇所を用意しておいたので
そこから逃げ出したのだろう。

あー、もう、行っちゃったか。

そもそもが野生の鳥、束縛するつもりは無かった。
ただ、居たいだけ居てくれたら良かったのだけど、
それにしても、、、早いっ!!(笑)。

ま、まぁ、自由に生きたい場所に行くのが動物だ。
少なくても、あいつはちょっと前まで野生動物だったんだから。

時間と労力とお金を使った今回の「水ちゃん救出大作戦」。
それが失敗だったか成功だったかは分からないし、
「正しかったか」なんてのは個々が決めることだし。

さよなら、水ちゃん。、元気にたくましく生きろ。
それがお前の選んだ道なんだから。
オレでもきっとそうすると思う。
病院なんて抜け出すし、かたくなに自由を求めると思う。

でもね、しばらくえさは用意しておくから、
この辺に居るならいつでも食べにおいで。

キノコはまたしても彼女さんの友人から頂いたキノコ栽培セット。
写真に出てくるしいたけは100%、家で収穫した生しいたけです。
人に山ほどの癒しと収穫と幸せをもたらしてくれるこのセット、
オレも親に買ってあげようかしら。

鉄道博物館に行った友人からのお土産は石炭あられ他。
みんな面白いものをいっぱい知ってるよなぁ。

2008年04月27日 「市川市民の日曜大工、家の棚作り」
今日は棚を作ろうという目標を立てる。
まずは、本を飾る、飾り棚を1つ作る。
おお、かわいいーーー。

今日はランチ付1Dayの時に出す、ランチの試食会。
思っていた以上の本気で美味しいメニューに一同拍手。
これならいけるっ♪
ブルストのベーコンなど市川の地場素材もいっぱい使ってる。
余った食材はいただいたので、今夜の晩御飯にします♪

そしてもうひとつは台所の棚。
これはちょいと手間がかかった一品。

ユニディでの板選びから始まった。
出来るだけ合板ではなくて一枚板が良い。でも
お金はそんなにかけられない。

やすりをかけて自然なカーブを。
自分でやると好みのカーブがつけられるのが嬉しい。
灰色のペンキを塗って、その上から白いペンキ。
そしてその上から再度、やすりをかける。

で、完成ーーー。
いやー、これもかわいいーーー。
DIMは癖になるです。もう買わないぞー。
あ、ちなみに、「Do It Myself」です。
2008年04月26日 「水鳥がネコに襲われました。。」
朝、棒を拾いに出た。
水鳥の止まり木にするためだ。

その間、戻ってみると、水鳥の小屋が倒されていた。
猫に襲われたんだ。。。
このあたりは驚くほど猫が多い。
猫は大好きなのだけど、鳥から見るとこれだけしつこくて
嫌な相手は居ないな。。これは脅威だ。。

これは早急に小屋を完成させなければ。
檻で羽を痛めないような、大きくて、
それで居て、いつでも逃げられるような小屋を。

台所の棚を作っていたのだけど、こっちが断然、緊急だ。
急げ、たまには頑張れ、オレ!
作業は15時間に及んだ。
2008年04月25日 「市川市内での手作り石けん教室が盛り上がる喜び」
彼女さんの津田沼ロハススタジオでの石けん教室は今回も満席。
そして市川市内の学校からも3件、教室の案件が。
素直にすごいなぁと感心する。

市内の学校の石鹸教室には各々の予算があるし、
容器代やお持ち帰りグッズや前準備の時間も入れると
利益なんてあってないようなもの。

だけど、利益なんてなくても、
「楽しいこと、気持ちよいことを伝える」ことはとても大事。
そしてそれが出来る力を何よりも尊敬する。

彼女さんの手作り石けん教室のHP
http://lesson.yukiboulife.com


ようやく届いたDELLのPCをいじり倒してもう夜中。
自宅の無線ネットワークに参加させて各種ソフトを入れた。
ネットワークに入れておいて共通で使用できるソフトが好きだ。

オフィスだってネットで編集出来ちゃう時代。
個別にインストールが必要なソフトなんて流行らないッス。

それにしてもこのPC,デュアルCPU、2000MBメモリ、120GBのHD。
これが送料込みで80000円。安いわー。

夏休みの40日間、海の家でバイトして貯めた24万で
メモリ6MBのパソコン(FM-TOWNS)を買ったのは
ほんの15年前なんだけどな。

ビール飲んでコストコで買ってきたピザ、チーズで
乾杯。いやぁ2連休は嬉しい。

ゆき坊の手作り石けんとアロマテラピーと教室
http://lesson.yukiboulife.com
2008年04月24日 「市川市内の民家でのエコ活動」
朝のごみ捨て。
この辺りの市川市国府台エリアは月水金が燃やすごみ、
火がプラスチック、木がビンカン、ダンボール。

大掃除で山のようにあったゴミ袋が一週間で無くなる。
これってすごいことだ。システムに感謝します。

そして、家からごみが見えなくなればいいってわけじゃない。
根本的に「ゴミを減らす」努力もせねばいけない。
・生ゴミは土のう袋のコンポストと地面植えで堆肥に(リデュース)。
・ダンボール、ビン、缶、プラスチックはきっちり分けて出す(リサイクル)。
・zipロックの袋などはなるべく何度か使う(リユーズ)

数え上げればまだまだある。
図書館で本を借りて、ネットで調べて、やってみて、
少しずつ、形になってきたかもしれない。

出来たら「ゴミが出るものは買わない」のが一番なんだけど、
今の日本ではそれは難しい、というか無理に近い。
でもやるんだ、少しでも、できるだけ。
今後もエコエコ活動はいろいろやろうと思う。

お金の無い庶民だからこそ楽しんで出来るのがエコ活動だ。
今日もまた雨水で庭の水やりをしよう。雨、まだかな。
2008年04月23日 「本八幡ラジオの収録が楽しい!」
授業の終わりに、教卓まで来てくれた同僚に
「すごく良かったですよ、分かりやすくて」と言われた。
照れ隠しに「はは、必死だったからなー」と流したけど、
本当はすっごく嬉しかった。
3年目にしてようやく自分で満足のいく授業が出来た。

この授業の為に前日から作業を進めていた。
だけど他にも作業はあるわけで、それが当然で、
結局、サービス残業になる。生徒の為、と思うんだ。

楽しくて、良い授業がしたい、想いはそれだけでいい。
オレはカッコつけないほうがいい。
等身大でぶつかっていけば、良いほうに転がる。
自分から転がっていくんだ。

って、ここで終わればよかったのだけど、
その後、体調を崩して風邪を引いてしまった。
流石オレ。最後までカッコつかない。

本八幡ラジオこと、もとらじのラジオ収録。
風邪の為、聞きづらい声で失礼いたしました。。
いやーでも、収録が楽しくなってきた。
「市川の今」をオレなりの方法で伝えたい。

夕食はさんまの塩焼き。
フライパンじゃなくて網焼きします(ガスだけど)。
こだわりってほどじゃないけどその方が美味しいです。

2008年04月22日 「毎日の食生活は楽しく美味しく健康的に♪」
いきなり黄金伝説という番組に「1ヶ月1万円生活」という
人気コーナーがあった。面白くて見てたのだけど、
途中からあまりのやらせぶりに見るのを辞めた。

昨年の2007年10月にこの市川市国府台に引っ越してきてからは
彼女さんに会計をまかし、リアルな1ヶ月1万円生活を始めた。
あ、ただし、食費だけね。(外食費は含む)

芸能人なら一ヶ月一万円生活をすればガッポリと稼げるのだけど、
オレのような一般的なサラリーマンではそうはいかず、
ただ、毎月の食費が安くなるだけだ。

でもそれが大きい。
今の彼女さんとならそれが楽しみながら出来る。
市川市内のスーパーを回るのは日常茶飯事。

新鮮なものしか、美味しいものしか食べたくない。
アイデアとちょっとの努力で毎日、裕福な食生活を送ってます。


今日の有ご飯はコストコで買ってきた100g60円の牛肉ハンバーグ。
牛肉は余り好きじゃないけどたまにならとても美味しい。
こやってカメラの回ってないところで、みんな生きてるのよ。

2008年04月21日 「自宅にテレビ市川のカメラが入る」
彼女さんの石けん工房にテレビ市川の取材が来る日。
石けん工房はオレの家の敷地内にあるのでそれは詰まるところ、
「オレの家が公共の電波にのる」と考えても間違いではない。
きゃー、こっぱづかしい。

仕事から帰宅すると今、帰ったとのこと。
おお、すれ違いだったかーー。
番組のスタッフのカメラの回らないところでの気遣いや
自然なトークが好印象だったとのこと。
でしょでしょ、いや、ほんとにいい人たちなのよ。


ゆき坊の手作り石けんとアロマテラピーと教室
http://lesson.yukiboulife.com
2008年04月20日 「幕張のコストコでお買い物」
朝、風呂場で朝食のカレーを頂いてから、
自宅への客人にどきどきしながらも棚のペンキ塗りをし、
午後から友人と車で幕張のコストコへ。

※コストコでは会員しか買い物ができません。
その年会費は4000円以上。こ、高級ッス。。

これがコストコか!ハウビッグ!
この日ばかりは「地域にお金を落とす」という理念も捨てて、
海外や他県の激安商品を13000円分、買いあさった。
(これももちろん、月20000円の食費から出してます。)

いやー、ひき肉なんて5.4kg買い込んでにんまり。
あぁでも冷凍庫の電気代を食ってしまってエコじゃない、、
なんて考え出すときりが無いのでヤメトコ。

友人からはいろいろお土産をいただき、バイナラ。
その後は南八幡のガストで時間をつぶして、
20時からの南八幡のなにわの取材に備える。

結局、取材が終わって帰宅できたのは23時半。
ファミレスで待っていてくれた彼女さんありがとう。
それにしてもくったくたで帰宅後は、ぐっすり眠った。

2008年04月19日 「土に刺すのはなるべく自然な「木」」
家庭菜園。
土は山の腐葉土とコンポストの生ごみで使った土を使うのだけど、
沿え木もなるべく、本物の木を使うようにしてる。

だってプラスチックって怖いじゃない?
ほんの少しずつでも土に溶けるイメージがある。
少なくても結構、風化するし。

なので本当はレンジOKのジップロックだって不安。
変形には強くても溶け出す容量はゼロじゃないだろうし。

プラスチック製品を自然とはなるべく触れさせない。
家のプラスチック製品も少しずつ鉄や木に変えていく。
小さすぎる、意味の無いエコ活動だけど、
自分が気持ちよいから続ける。


2008年04月18日 「部屋のおしゃれ改造に50000円を捻出する」
おいらの家でせっけん教室を行うことになった。
これは彼女さんの夢だったことで、うれしい限り。

大見得を切って、彼女さんに
「この五万円でこの部屋をもっと素敵にしなさい」
と、かっこよくお金を渡した。

最近の彼女さんは人間不信から抜け出せず、正直、
見ていて辛かった。いつもの笑顔に戻ってほしい。

一度は「使えない」と返されたものの、
使ってほしいんだ、とオレの想いを伝えると、
彼女さんはうるうるしながら受け取ってくれた。

で。
まさか1日で使い切るとは(笑)。
クラっと立ちくらみを体感した後、最高の笑顔で笑い返した。
まぁ来週は○○テレビも取材に来るしね、投資だ投資。

夜、彼女さんの「ハーブコーディアル」の作り方を見た。
へぇ、こうやって作るんだ。感心感心。

資料つくりから始まって、授業の前のシュミレーションに
試作作りに、お土産作り。。。
時間も手間もお金もかかるわけで、こりゃ大変だ。
これは自給にしたら一体。(彼女さん「お金じゃないのです」)

材料費もかからないオレの「HP作成」とはえらい違いだのう。

2008年04月17日 「北海道の海辺で拾ってきた流木を使って表札作り」
北海道の海辺で拾ってきた流木を使って表札作り。
いや~、素敵。
自分で作ると一生でも使い続けられる。

電動ドリルがあればDIYの幅がグッと広がる。
穴があけられる、ネジが打てる。
市川市民の男性の皆様、ドリル、強くお勧めです。

夜、本八幡ラジオ収録。
ゆき坊さんがようやく復帰してくれて盛り上がった。

で、いざアップしようと思ったら、ネットが止められていた。
うぐぐ。
2008年04月16日 「市川の生活の中での小さなエコ活動」
私、貧乏なのにもかかわらず、地球に優しい男です。

マイバッグ、マイ箸、自転車通勤などは当然で
毎日の生活の中で市川の国府台でエコな活動をしており、
本などから学ぶものもあれば、自分で開発したアクションもある。

その1つが「わんこのうんこはつまんでポイ」。
今までは「流せるティッシュでつかんでそのままトイレに流す」、
というのが処理だったのだけど、それだと紙が無駄になる。

そこでのこの「つまんでポイ」。
これだと1日2回、紙の消費量が減るのです。

そんな活動のことなんて知りもしないわんこは、
「つかみ」の上にうんこを落としたりもする。
朝からやってくれるぜ、天晴!!

夜は友人からもらった激からラーメンを食した。
あまりの辛さに薄めて頂きました。。ごちです。
2008年04月15日 「友達からもらった2008年の初スイカ」
夜、友人からもらったスイカを食べた。
甘くてとっても美味しい。
そろそろ、元気を出さなきゃね。

彼女さんもオレも、とても幸せで元気です。

2008年04月14日 「南八幡の鳥鉄で思い切り飲み食いさせていただく」
友人にお呼ばれして南八幡のとり鉄で飲み食いした。
その友人は俺たちカップルの良き理解者。
オレのほうは本八幡で行こうを更新しなくなり、
彼女さんのほうはブログが止まった状態を心配してくれたらしい。

この友人とはネット上の付き合いの他に普通にメールや電話もしてる。
うん、これが普通だよなぁ。
お腹一杯、ご馳走になった。

8年続けてきた地域サイトを通じて千人の知り合いは居るけど、
連絡を続けているのは50人くらいで、その中で
友達と胸を張って言えるのは30人くらいで、その中で
定期的に会ってるのは20人くらいか。
うん、このサイズがオレらしいのだ。
何せ人付き合いが「ド」へたくそなものでして。

おみやげに「スイカ」を頂いてしまった。
人は、人をこうも喜ばせることが出来るんだ。

…。
オレのエンターテイメント魂はどうした。
24時間歩くだの、千葉県一周だのいって夜中に飛び出してた
のはつい去年、おととしの話なのに。

幸せな日常の中、このまま埋もれるもまた良しだ。
さて、どうするの?
2008年04月13日 「マイカーを手に入れた日」
手話会をお休みして、茂原まで愛車を受け取りにGO。
よもやオレがマイカーを手に入れるなんて。

実家で相変わらず面白い家族とのひとときを過ごす。
ハンバーグやらパンやらスープやらでおもてなし。
手作りはおいしい。楽しいトークは絶えない。

彼女さんが親に庭の山野草をおすそ分けしてもらってた。
うちの親も彼女さんのもそういうところが好き。

そして相変わらず、うちの庭はすごくて、房総の鳥たちが遊びにくる。
だってここには自然の「山」があるんだもの。
山野草の盆栽もめちゃ可愛い。ほぇーと感動してしまう。

陶芸もめきめき上達しているらしい。
長生郡長生村では陶芸教室などの文化教室を
バックアップし、月額5,000円という破格で授業を
受けられるようにしているらしい。
市川市もそういうのバシバシやってくれないかしら。


これで我が家の植物事情ももっと良くなりそう。
うん、オレも花よりも山野草派だ。
お母さんにも市川の家にちょくちょく遊びに来て欲しいなぁ。

16時半に茂原を出て、到着したのは20時。
ふむ、有料道路を使わないと3時間はかかるわけね。
(途中山田うどんでご飯を食べました)
有料道路を使えばもっと早いかな。

これからはこのマイカーで市川のどこでも行ける。
車に詰める折りたたみ自転車を探してみようかな。


手話でいこう(千葉県市川市の手話サークル)
http://handtalklife.blogspot.com/
2008年04月12日 「田舎に住む市川市民の土曜日」
国府台地区の土曜日は燃えないゴミの日。
コンポなども思い切って処分。

天気の良い日は家の中の植物に窓際で日光浴。
太陽光を浴びてる姿は気持ちよさそう。
窓から外を覗くとまた可愛い植木がいっぱい。
こんなくらいの幸せがオレには丁度良い。

コンクリートの壁が殺風景なのでバラを這わすことに。
「食べられる植物に目を輝かすオレ」と、
「センスの良い可愛いぃん植物が大好きな彼女さん」は
ゴーヤを植えるかバラを植えるかでバトルが絶えない。

しかそんな時は行動したほうが勝ちになる。
一足早くなんたらバラを買って来た彼女さんの案を採用。
(いつかコッソリとゴーヤを混ぜて植えてやるのだ)

支柱も市販のものではなく、拾ってきた枝を使う。
折れたら又拾ってくれば良いんだ。
プラスチックを使うよりも断然気分が良い。

庭作業では育ちすぎた水菜とミニちんげんさいを処分。
毎日食べまくって、人にあげまくっても食べ切れなかった。
よもやここまで大量に出来るとは。。ごめんね。
でもまた土に戻すから無駄にはならないよ。

庭に植えた「梅の木」に、実がいっぱいなっていたのを
見つけたときは彼女さんと小躍りした。
こんなに小さい段階でも出来るのね!!
地球温暖化対策も募金するよりも自分で植えれば確実。
皆さんも庭に、鉢植えに植物を植えてみませんか?
(来年も実はなるのかしら・・・?)

彼女さんのスピード手作りお菓子「クランキーチョコ」などを
頂きながら珈琲で一息。こういうのを楽しんで作るからスゴイ。

国府台の顔なじみの八百屋さんから頂いたイチゴ、
お隣さんから頂いたお取り寄せ珈琲と、
彼女さんの石けん教室の方から届いたハーブのゼリー。
ご馳走様でした。美味しかったです。

夕方、棒を探しにお散歩へ。
彼女さん、これでとあるものを作ると張り切っている。

「あ、綺麗!あれ、なんの鼻!?」
「モモかなぁ、美味しそう…」
などと話していると、畑のおじさんから声をかけられた。
「そこに生えてきたから良かったら持って行ってよー」

とのこと。ええー!良いんですかっ!
聞いてみるとその木は確かにモモで、ピンクか白の綺麗な花が咲く。
で、市販の桃の実とは違うのだけど、梅のような実がなる。
おおお、良いじゃないですか~。
こうやって声をかけてくれただけでも嬉しいのに。
大切に、美味しく育てさせていただきますっ。

お隣さんからは先週、「さんくらんぼの木」を頂いたばかり。
このあたりはなんだか、温かくて余裕のある人ばかりだ。

家の畑では肥料を追加して、初夏に向けての種を
いろいろ植えた。
元気に咲いて、友達や大切な人たちの目を
楽しませてあげるんだよ。君たちなら出来るっ。

オレ今、心からこの土地を市川を愛してる。


これがとある市川市民カップルの4月の休日。

ゆき坊の手作り石けんとアロマテラピーと教室
http://lesson.yukiboulife.com
2008年04月11日 「人の悪口は言わない。前に進んで解決する。」
彼女さんがオムライスを作ってくれた。
オレがスイカの次に好きなのがオムライス。
ひと手間もふた手間も入ってる。

今、一番疲れてるのは彼女さんだ。
オレのダメージなんて小さいウンコみたいなもので、
彼女さんのそれはもうなんとも言えないレベル。

それでも、この人は人の悪口は言わない。
もちろんネットになんて書かない。
自分が身を引くことで、我慢することで解決させる。

損な生き方だ。
誤解もストレスもあるだろうに。
でもそれでも「いい人」であり続ける。

オレは間違ったことは間違っていると大声で叫びたい人間だ。
だけど、今回は彼女さんのその背筋が伸びた姿勢から学んだ。
一緒に前に進もう。がつがつしないでゆっくりと。
2008年04月10日 「規則正しい毎日」
それに加えて、彼女さんの石けん教室に向けての準備も。
オレはこの人に恩返しがしたい。
親兄弟やもといこ関係の人たちにも恩返しはしたい。
でもその前に、一番大切なこの人に。

仕事も毎日忙しいのだけど、ご飯も美味しく健康的な生活。
夜23時を過ぎると分かりやすく眠くなり、
朝6時半に起きて7時半には仕事に出ます。

そんなとっても規則正しいせわしない毎日が続く。

※写真は頂いた「もみじまんじゅう」。


ゆき坊の手作り石けんとアロマテラピーと教室
http://lesson.yukiboulife.com
2008年04月09日 「家の電気をエコ電球に変え、買い物は市川産千葉産を買う」
家の電球をエコ電球に変えた。
1つ1,500円と高価なのだけど、
数倍省電力で寿命も数倍ということで地球にも優しい。

あと、ちょっと高いけど家の近くの肉屋魚屋さんで
買い物をしてみようと彼女さんと検討した。

八幡のOKストアは確かに安い。
でも大手スーパーでばかり買い物していたら、
小さな地域の肉屋魚屋八百屋酒屋さんはつぶれる。

でも楽をしているばかりでは何も変わらない。
「地域にお金を落とす」ことを実践する。

少しでも、地球と地球のために出来ること。
みなさんは「好きなお店」「つぶれて欲しくないお店」に
お金を落としてますか?

2008年04月08日 「市川で教室が出来る場所情報とヒノキ花粉症説。」
今日のご飯は先日北海道で刈ってきたふきのとうと、
紫イモのてんぷらとたまねぎのかきあげ。
何よりも美味しいわけで。

「市川市内で教室が出来る場所情報」をたくさん頂いた。
温かい友人達と本八幡らじおリスナーに感謝。
オレなんかよりも全然、余裕があって気持ちよい。

オレには「オレのような問題児」が周りに居ない。
居たらきっと苦手なタイプだと思う。


>>プチ花粉症の人はヒノキ花粉かも説
朝、オレが猛烈なくしゃみをしていると彼女さんが衝撃的な仮説を立ててきた。

「健史はヒノキ花粉に弱いんじゃないかな?」

!?
仮説を立てた理由を聞いてみると、
彼女さんはスギ花粉に弱い。ニュースなどで花粉が多いときにぐしゅ。
オレはそんな彼女さんをいつも静かな顔で見ている。

でもごくたまに、逆のパターンがある。
たとえば2007年の4月中山法華経寺の骨董市に出かけたとき。
オレは猛烈なぐしゅで、彼女さんは静かな顔をしていた。

で、今、スギ花粉は落ち着いてきて、ヒノキ花粉のシーズンだという。
これでピンときたという。

確かにオレは以前からヒノキのにおいが苦手だった。
八幡にあった「岩盤浴さらら」に行った時は、痩せる云々の前に
サウナの中の濃厚なのヒノキの匂いにもだえ苦しんだ。

そうかもしれない、と素直に思えるデータ分析。
お見事!と褒めました。この人はものをいつも何かを考えている。
「虫の足が6本」ということを2ヶ月前まで知らなかった人とは思えない。


市川の地域情報を音声で発信!本八幡らじお
http://motoiko.yukiboulife.com/radio/
2008年04月07日 「年収アップで出来ちゃった結婚」
年度始めは仕事が忙しくなる。

今年からまだ平均には遠く及ばないけど、年収がアップした。
仕事を評価してくれた上司に感謝。
そしていつでも支えてくれた彼女さんには頭が上がらない。

毎日、6時に起きて手作りの弁当を作ってくれる。
「いってらっしゃい」とぶちゅっとキスをくれて、
窓を開けて愛犬と一緒に見送ってくれる。

美味しい食事に手作りのお菓子。
一周してハイレベルな笑い声の絶えない会話。
実践してる環境&地域のエコエコトークはとめどなく。

俺たちが別れるときは、きっと無い。
そしてずっと、楽しい毎日だと思う。

そのうち結婚して、コドモも生まれるだろう。
できちゃった結婚になるかもしれないけど、それでも良い。

2008年04月06日 「バランス感覚と一部の人」
本八幡掲示板のやりとりを見てて、うなった。
いろんな考え方や受け取り方があるのは当然なのだけど、
みんなのその文章の1つ1つにしびれた。

良識のある人、自分を持っている人、粋な人。
親から貰ったバランス感覚だけを頼りに生きてるオレから見ると
なんて素晴らしいというか、うらやましいというか。

そしてやっぱりこの世の中にはいろんな人が居て、
その人たちの考えなんて統一できないということ。
だから愛しい。そしてだから、ずっと変われないんだ。

この8年間、
何かを変えたくて夢中でおかしなところを探した。
それはたくさんあったけど、何一つ変えられなかった。

きっとあまり本気で変えたいと思うことは無かったんだ。
で、「本気で変えたい!」と思ったこともあった。
例えば「手作りの石けん」を取り巻く環境とかね。

憲法は憲法を守るためにあるわけじゃない。
国民の豊かな生活を守るためにあるんだ。
おかしければ変えればいい。だけど変わらない。

「痛みなどを感じたらすぐに使用を中止し、
 医師の診断を受けてください」
こんなものが裏に書いてある商品のどこが安心なんだろう。
どこで誰が販売の許可を与えたんだろう。

素人の作る手作りのパンやケーキは昔から売られてきた。
それで良いじゃない。それが自然じゃない?
この辺りには目をつぶるのが日本の法律だろう。

文句言ってくる輩は、薬剤師かヤクザくらいなもんだ。
一部の人は声が大きい。それだけのことだ。
でもそれでも、伝えたいことがある。
これからのオレの人生で、それを伝えます。

ゆき坊の手作り石けんとアロマテラピーと教室
http://lesson.yukiboulife.com
2008年04月05日 「手話のお花見&石けん教室が出来る場所、ありますか?」
3年間続けていた彼女さんの石けん教室が終了した。
お店にはお店の経営方針があり、それらはどんどん変化していくもの。
なので、残念だけど前に進むわけなのだけど、大きな問題は、

「現在の教室も全て中止してください」という連絡があったこと。
これがもう申し込みが始まっている今晩、4月5日22時に来たわけで。
…こ、これはめちゃ大変なことでっせ。

これは何か良いことが起こる前のダメージなんだ。
全てを受け入れましょう、なんてかっこつけたのは良かったけど、、

順調に伸びていた教室には申し込みも多くて
その数十を越える方々に対しての対応や、
教室内容の変更やいろいろな改正、前々から準備をしていた
自宅での教室のスタートの前倒し処理などなどなど・・・。
またホームページなどからの説明の文言作成などにも追われ、
もだえ苦しんでおります。。

とにかく「もといこを見て」ゆき坊教室に申し込んでくれた方も
数名いらっしゃったわけなのでこれは他人事ではないんです。
本当に、申し訳ありませんでした!

ゆき坊の手づくり石けんとアロマテラピーの教室 市川市 南八幡
http://lesson.yukiboulife.com/

そんな頭で行った仕事と手話会のお花見。
みんな楽しそうだなぁというぼんやりした頭だった。
浮世離れしたオレも意外と真面目な回路してたんだ。

でもみんなが持参した料理が美味しかった。
おバカな友人に笑わせてもらった。
最後はみんなで江戸川沿いを歩いて帰った。
温かい風が夏を予感させてくれた。

>>市川市内で場所を貸してくれるスペース
場所を貸してくださるお店、ありましたらご相談ください。
地域サイト「本八幡で行こう!」でも全面的に応援させていただきます。
だって手作り石けんの作り方を覚えれるなんて素敵じゃないですか。
ちゃんとした石けんを買うと高いけど(コラ)自分で作ればコストコ並み。
泡立ちが良くて可愛くて、地球にも体にも最高に優しい。

●条件
・火を使えること
・4人以上が座れるイスがあること。

頑張れ彼女さん!!めげるな彼女さん!
みなさんの彼女さんで、クリエイターの方って居ますか?
どうやって応援したら良いのでしょう?

市川の地域ローカル情報満載!本八幡で行こう!
http://motoiko.yukiboulife.com/
ゆき坊の手作り石けんとアロマテラピーと教室
http://lesson.yukiboulife.com
手話でいこう(千葉県市川市の手話サークル)
http://handtalklife.blogspot.com/
2008年04月04日 「明日のお花見の場所取り」
さ、楽しくいきましょう。
南八幡まで行ったついでに長崎屋でシートを購入。
2畳、3畳、6畳のラインナップ+100円均一のものとは厚みが違う。
さすがサンバード。

夜、里見公園で花見の場所取りをする。
そう、明日は手話会「手話で行こう」のお花見会の日。
今日が散り桜の見ごろ。満開時よりも綺麗かも。
オレは明日は仕事で行けないけど楽しんでくださいな。

mixi経由で嬉しいメッセージが届く。
本八幡らじお聞いてます、スタジオ見てみたいです、的な。
うれしいなぁ。心から励まされる。
やべ、水曜日の更新忘れてたっ。
らじおの師匠の言葉を思い出すんだ。

「遊びでやってる人間が、金貰ってる連中にだけは負けるな」だ。


市川の地域情報を音声で発信!本八幡らじお
http://motoiko.yukiboulife.com/radio/
手話でいこう(千葉県市川市の手話サークル)
http://handtalklife.blogspot.com/
2008年04月03日 「友人の御通夜へ」
友人の御通夜で京成国府台駅から京成高砂駅へ。
たったの3駅、ビュンと早い。
国府台地区に住んでいて初めて交通の恩恵にあずかった気がする。

亡くなったのは八幡の人気店、居酒屋祭の店長さん。
店長さん、なんて書くのもおこがましい。
本当の兄貴であり、友人だった。

そして店長が引き合わせてくれた友人らと数年ぶりの再開。
みんな変わってないなぁ。とても魅力的な友人達。

2次会3次会にも行き、結局10杯くらい飲んだのだけど、
泣くときに変な呼吸だったらしくて偏頭痛がして、
全然酔えなかった。

そういや年末祭オフでは吐くほど飲まされたっけ。
本当に酔えるのは夢を叶えてから、かな。

帰宅後に自分の腕を見てみると引っかき傷がたくさん。
震えないように引っかいてたんだ。

2008年04月02日 「北海道の自然からのお土産」
北海道の骨董店で買ってきた超かわいい雑貨たちが届く。
あぁ、素敵。一生使うからね。

そして海で拾ってきた流木。これも素敵。
こういうものにキュンキュン来てしまうのは年のせい?
自然が作ると何よりもアートじゃないですか。

2008年04月01日 「エイプリルフールでしょう。」
夕方、友人が亡くなったことをメールで聞かされた。
全く、信じなかった。信じられるわけが無い。
たまに泣いたりしたけど、それでも信じられなかった。

泣けば何かが変わるわけじゃない。
男の涙なんぞ気持ちが悪い。
だけど泣く。思い出がありすぎる。

みんなは強いなぁと思う。
オレは弱いなぁ。呼吸が苦しい。

新潟のおばさん家から荷物が届いた。
同種類のせんべいが20袋ほど。
…ど、同種類!?さすがオレの親戚。。