2008年03月の千葉県市川市国府台 生活日記
2008年03月31日 「北海道3日目。」
焼き鮭の朝ごはんを頂いてから、
最後の函館の町へ。
函館駅までの道もごみごみしてないから歩いてて楽しい。

お土産を軽く買って、終了の時間を迎えた。
もちろん、その間もずっとずっと彼女さんと
笑ったり語ったり寒がったり手を握ったり。

幸せで映画の主人公になった気分。
こんな幸せで良いのかな。誰かに分けてあげたい。
きっとオレは50になっても若い見た目のままだ。

彼女さんが大好きだという変わらないラーメン屋で
ラーメンを食べた。変わらないよさがあるなぁ。
こういう好きなお店にお金を落とすことが大事だよなぁ。

最後に駅でココアなどを頂き、彼女さんのご両親とお別れ。
2泊3日、至れりつくせりの旅だった。
サヨナラ函館。ふきのとうの町、函館。

電車の中からこの文章を書いてる。
隣で彼女さんがエコっぽい文庫本を読んでる。
どう考えてもこの人しか居ないなぁ。
2008年03月30日 「北海道2日目。」
本日は車で移動。

トラピスト教会は由緒ある、そして男性限定の厳正なる雰囲気、
というよりは企業みたいなイメージ。
トラピストバターは美味しいのだけど780円は
ちょい高すぎませんか?っとだけは思った。

無数に車内から見える「ふきのとう」が気になる。
あちこちに、あるあるあるあるあるあるある。
案内してくれる函館山も綺麗だけど、
今はとにかくふきのとうが採りたかった。

パーキングの休憩中で皆様がトイレに歩く中、
ダッシュしてふきのとう狩りに走った。
いやー、お父さんが笑ってくれる人でよかった。

巨大な沼、大沼に到着してからは「ふきのとう狩りタイム」を
もうけていただいたので彼女さんとウキャウキャ言いながら
狩らせていただいた。

枯葉の下からぷっくりと顔を出す薄い黄緑を
見つけるたびに心が躍って。た、楽しすぎます”
浦安のディズニーランドよりも函館大沼ランドのほうが好きです。

大沼では「夢屋」というお店で名物のジャンボやきそばを注文。
900円の中サイズでもかなり、ボリュームはあった。
驚くべきはその美味しさ。味つけが絶妙。麺の焦げ目が絶妙。
そして具材の多いこと多いこと。
これはお得ですわ。

夜は巨大エビフライで有名な「洋食のヨシヤ」に連れて行っていただく。
えびが一本数千円の世界の高級感漂うお店だけど雰囲気は家庭的。
食べたのは中エビだったのだけど十分巨大。
クリームの香りのするタルタルソースが◎。
ごちそうさまでしたーー。
2008年03月29日 「北海道1日目」
初日は徒歩で北海道の観光をば。

朝、お手製のハヤシライスを頂いた後、
有名な食堂の丼(1580円)を食べにGO。
量が少なすぎて驚いた。北海道の人は小食なん?

更に、巨大ハンバーガーで有名なラッキーピエロで、
こともあろうかでかそうなふとっちょバーガーを注文。
店員が鈴を鳴らして持ってきたバーガーはアホみたいに大きかった。
こ、こんな「特別メニュー」を地味に書かないでくださいっ。

どよめく店内の中、既に腹いっぱいのが食べきった。
これで780円ならありだな。オムライスと丼ぶりを食う前だったらね。
観光を楽しみましたとさ。

2008年03月28日 「サザエさんに会ってから、北海道へ。」
通りがかった大門通りの肉屋前で、
お店の子供がビニールを片手に走り出した。
どうもお客さんが買い物したお肉を忘れたらしい。

お店の人も通行人も「あははは」笑っていた。
オレもサザエさんの世界みたいだなぁと、ニコニコしていたのだけど…。
…ん??あれ、もしかして!?!?

サザエさんは彼女さんでした。
圧倒的だ。。。

夕方から、新幹線で北海道へ。
彼女さんのご両親にご挨拶です。
東京発、29100円で函館まで行くことができる。

2008年03月27日 「里見公園お花見チェック&なんちゃってクランキーチョコ」
桜のチェックに里見公園へ。
おおもう結構咲いてますな~。

彼女さんがチョコを作ってくれた。
「なんちゃってクランキーチョコ」らしい。
で、これが本家(ロッテ)よりも断然美味しい。
比べ物にならないっすよこれっ!

さて、このこのチョコがどうやって完成したのか?

一緒に買い物に行ったとき、
彼女さんがパン粉を買おうとしていたのでそれじゃ意味無い(※)からダメ。
パン粉で作ってみたら良いじゃなぁいといつもどおりあほなことを伝えた。
彼女さんはちょっと考えた後、パン粉を元に戻した。
だってさ、少しだけ怖いじゃない、98円で売られてるパン粉って。
※うちでは食パン禁止(イーストフードがなんだか怖いので)

すると数日後に実際に手作りパンからパン粉を作ることに成功し、
そのパン粉で作ったのがこのクランキーチョコだったのだ。
物を作り出せる人って大切だ。
そして何より、それを楽しめる能力が大切なんよ。

2008年03月26日 「ホームページ更新作業に追われる」
朝8時から彼女さんのHPの更新。
感謝の気持ちを込めて本気でHP作成をする。
魂を込めたページはどこか違って、目立つ。

魂の無い作りは輝かないし見ていてつまらない。
過剰な文言はかえって邪魔になる。
この人の作るものの良さをそのまま、伝えるだけでいい。
そのまま。それが難しいのだけど。

ゆき坊の手づくり石けんとアロマテラピーの教室 市川市 南八幡
http://yukiboulife.com/

ゆき坊の手作り石けんとアロマテラピーと教室
http://lesson.yukiboulife.com
2008年03月25日 「里見公園でホームページ用の手作り石けんの撮影」
彼女さんの仕事のホームページを作ってるのだけど
その撮影を里見公園でしようと決める。
午前中のうちに彼女さんは撮影用の商品(といっても
作るものと同じもの)を仕込み、
オレは今までのページを見直して構成を練ってた。

午後からお茶の葉やお湯持参で里見公園へ。
いつものように鳥が木々がぽかぽか空気がそこにあった。
奇跡のような自然に感謝しながら写真を撮影した。

さて、新しく仲間入りしたデジカメのS5IS。
これがようやく手に馴染んできた。

おばあちゃんがやってる売店でカップラーメンを買って食べた。
ずるずるっ。外で食べると2倍美味しいなぁ。

聞くと近く中学生たちによく万引きされるらしい。
こんなおばあちゃんの売店で盗むとは!!
園内にごみを捨ててる連中だろうか。
神経を疑うぜ。。見つけたら、説教してやる。

値段は1つ250円。思ってたよりも高いのだけど、
「地域にお金を落とす」という考え方に行き着いてからは
高いと思わなくなった。

なるべく近くで、市川で、千葉県内で、最低でも国産で。
千葉でわざわざ他県の野菜を買うことはもうしない。
ここまで輸送してくるのはガソリン代もかかるし、
時間も労力もかかる。賢くないしエコじゃない。

地元で獲れた野菜を買えば、
たくさん売れる→安く出来る→地元なので収穫してすぐ店頭へ
→安くて新鮮な食べ物が並ぶ→地域&自分が潤う
これって、最高じゃないですか。
自分の目の前から、行動を起こしていきます。

撮影で使ったハーブティが美味しくて。
日向ぼっこしてる猫ちゃんを可愛く撮れて。
木のテーブルに置いたときの感覚が心地良くて。
オレの文章じゃ伝えられないこの幸せ感。

2008年03月24日 「市川市民の六本木ヒルズ「ららぽーと」&夜中の江戸川散歩。」
夕方から南船橋のららぽーとへ。
ここ、国府台からのルートは、
自宅→(バス230円)→JR市川駅→JR西船橋→南船橋。

西船橋からどの武蔵野線に乗るべきかいつも迷う。
「府中仲町行き」ではなく、習志野に向かえばよい。
まぁまた忘れるのだろうけど。。

ららぽでは大好きなオムライス屋「ラケル」で軽く食べ、
奇跡的に見つけたパワーショットS5IS用のポーチを買い、
生活の木でなくなったエキナセアなどのハーブを買う。
300円均一でリサイクルバック、

ディナーは1680円で食べ放題のFestaGarden(フェスタガーデン)。
前回は食べ過ぎて大変なこと(鼻からパニック)になったのは去年の話。

2007/10/11 南船橋のららぽーとで食べ過ぎてもだえる
http://motoiko.yukiboulife.com/nikki/2007/20071011.html

今回はスマートに美味しく頂いた。これぞ大人。
WCにしてあった他人のGを見て、食べ放題での無茶は辞めることにした。

帰りはお腹が一杯で痛いと伝えると、
「じゃあ歩こうか」という彼女の一言で市川駅から歩いて帰ることに。
歩けば20分程度。バス代だって460円浮く。
こういう楽しい提案をしてくれるこの人に感謝。
江戸川沿いの暗い夜、植える野菜や桜の話などをして帰った。

2008年03月23日 「お隣さんに芋植えを教わる&里見公園お散歩」
昨日の4時間の農作業の疲れが全身を包み込む中、
お隣さんが好意で貸してくださる畑を耕して
種芋を植える作業をする。

自転車で一緒に国府台緑地に落ち葉を拾いに行って、
腐葉土として使用する。「枯葉」なのがポイントで、
これが普通の葉っぱや草だと栄養どころか毒にもなると。

こっちが汗だくになる中、お隣さんは汗ひとつかかず。
技術と経験がなせる業だ。
「さくらんぼの木」を頂いてしまった。
好きなのだけど高いのでそんなに食べたことが無かった一品。
成長が楽しみ。

夕方、両隣の友人に畑で獲れた「水菜の花束」をプレゼント。
抜きたて、新鮮ですよーー。

里見公園に犬の散歩へ。新しく買ったカメラは、
色が悪いけどズームの威力と動画撮影時のズームは
パワーアップのポイントだ。使いこなすぞぃ。
でかいのが玉に傷だけどね。。

>>タネいもの植え付け方
20cm程度の穴を掘り、枯葉をたっぷりと入れる。
種芋は植える前にカットしてその切り口に灰をまぶす。
土をすべてかぶせる。
こぶし1つくらいの穴を開けて切り口を下にして埋める。

2008年03月22日 「農園には芋を植えて、南八幡の海城で飲む」
朝、8時に起きてぽかぽか陽気の中、溜まった日記を書く。
友人に頂いた強烈な量のアンコがインストールされている
「うすかわあんパン」とコーヒーを頂きながら。
(写真は昨日の日記を参照)

隣では彼女さんがバスソルトの香り付けのテストをしてる。
和の香りと色をつけたものらしい。
どれだけ準備に時間をかけるんだろう?

午後から原木の農園へ。国府台から自転車で行くので
片道40分。八幡を越えたあたりから遠さを感じる。

まず、この数ヶ月で元気に育った雑草を抜かないといけない。
雑草といっても普通のだけじゃなくミントのような
恐ろしい繁殖力と図太い根っこを持つものもあって、
それらの撤去には毎回、手を焼く。

次に畑を耕して種芋を植える作業。
腐葉土やたい肥も混ぜて土作り。

今回も4時間の農作業でくたっくた。
手がしびれてしまって途中動けなくなった。
歯を食いしばっても終わらない作業のこの辛さ。
去年夏の「0合富士登山」を思い出した。

結局、手話会には行くことが出来ず。
次回のお花見は4月5日(土)になった。
オレは会社だけど場所取りは頑張らねば。

その後南八幡のグラッチェで軽くお茶。
友人から5kg1000円の激安のお米を買う。

その後は南八幡の海城へ。
料理は本格中華。+1480円で90分飲み放題。
3人分をご馳走したのだけど腹いっぱい飲み食いして、
一人2600円程度。こりゃ安い。

店員のおっさんもとても好印象で、
店を出るまで気持ちよく飲み食いすることが出来た。
ここはお気に入りに追加しておこう。
+1980円で食べ放題も今度試してみたい。

ほろ酔い気分の江戸川サイクリングは気持ちよかった。
今のところ、わが人生に食いは無い。

手話でいこう(千葉県市川市の手話サークル)
http://handtalklife.blogspot.com/
2008年03月21日 「新しいデジカメ、amazonより国府台に到着!」
帰宅すると「ニンマリマーク」付のダンボールが。
ついに届いたかアマゾン!俺のデジカメちゃん!
愛犬ももっちも縁側でそわそわ・・・食い物じゃないゾ!

駅まで20分の田舎(市川市国府台)でも最新グッズがすぐに手に入る
のはamazon様のおかげ。クレジットカードが不要なのも◎。

カメラを手にしたらもう止まらない、夜中近くまで試し取り。
前に使ってたパナソニックのLZ-1と比べるとパワーダウン
した箇所も多い今回のCANONのS5IS。
デジタル一眼がもっと軽量化して充電池対応、低解像度での撮影が
可能になるまでの繋ぎとして使っていきたい。

なにわのリニュアルオープンは来月20日だったということで
あほなオレの勘違いだったことが判明。。。
でもカメラが間に合って良かった!練習してこれで撮るぞ!

写真は平田の友人からあんこたっぷりにも程があるアンパン、
ハイパー不思議奥様から頂いたくろみつ、
彼女さんであるゆき坊さんの作るバスソルト。
中身もビンも可愛いし、この人の才能はすごい。
もうちょっとちゃんと写せるように練習だっ。

2008年03月20日 「南八幡なにわ取材失敗とヨドバシカメラEeePC購入」
地域の縁でHP作成をさせて貰っている南八幡のなにわへ。
いよいよリニューアルオープン、いい写真撮るぞ!
と雨の中意気込んでいったのだけどお店には誰も居らず。。
(それもそのはず。オープンは来月だったそうで。。)

せっかくJR本八幡駅まで来たのだからと錦糸町へ。
この二ヶ月、省スペースノートPCが欲しくて調べてて、
最後まで残った候補は工人舎のSA04とASUSのEeePC。
かたや80000円、かたや50000円。どちらも激安。
どちらにも一長一短があってなかなか選べないでいた。

ヨドバシカメラでも1時間近く迷った挙句の購入。
安くなったといってもやっぱり迷うものなんですわ。
買ったのはEeePC。とりあえず今回も使い倒してみよう。

エクセルシオールカフェで珈琲休憩。
これからこういう場所でモバイルできるのだなぁ♪
家でパソコンに向かってると滅入ってくることもあるから
これは上手に付き合えば効率アップにつながるかもしれない。



2008年03月19日 「国府台のとある市川市民の食生活」
彼女が毎日作ってくれるお弁当。

今の職場では購買や近くのコンビニのパンを買いに行く。
そのほうが安上がりだからという理由もあるのだろうけど、
やっぱり自分で作ったほうが値段的には安い。
例え200円で済ませたとしても、手作りには勝てない。
(冷凍食品使いまくりの場合は除きます)

毎日6時に起きて朝食とお弁当を作ってくれる彼女さんに感謝の拍手。
かわいくておいしくてそして健康的で、かつ、お得なのだもの。

ちなみにうちでは冷凍食品は一切使わない。(買わない)
食費はお弁当も全部込みで2人で20000円のみ。
ハードルが低いのか彼女がすごいのか、この半年で超えたことは一度も無い。

スーパーに行くのも、メニューを考えるのも楽しくなる。
買った商品や手作りの野菜に感謝は増すばかり。
ポイントはこういう生活を楽しんでできるかどうか、だよね。
2008年03月18日 「毎日お弁当が作れる、それを楽しめる。」
彼女が毎日作ってくれるお弁当。

今の職場では購買や近くのコンビニのパンを買いに行く。
そのほうが安上がりだからという理由もあるのだろうけど、
やっぱり自分で作ったほうが値段的には安い。
例え200円で済ませたとしても、手作りには勝てない。
(冷凍食品使いまくりの場合は除きます)

毎日6時に起きて朝食とお弁当を作ってくれる彼女さんに感謝の拍手。
かわいくておいしくてそして健康的で、かつ、お得なのだもの。

ちなみにうちでは冷凍食品は一切使わない。(買わない)
食費はお弁当も全部込みで2人で20000円のみ。
ハードルが低いのか彼女がすごいのか、この半年で超えたことは一度も無い。

スーパーに行くのも、メニューを考えるのも楽しくなる。
買った商品や手作りの野菜に感謝は増すばかり。
ポイントはこういう生活を楽しんでできるかどうか、だよね。
2008年03月17日 「地球貢献活動は手の届く範囲から確実に」
ラジオで「流行のアーチストのコンサートにお金を払うと
アフリカに一本の木を植えることになる企画」というイベントを知った。
おお、素晴らしい!と一瞬思ったのだけど。。

木を植えるのは…地元で良いじゃん、と思った。
だって世界は、風でつながっているんだから。
「アフリカ」とか「海外支援」言うとどうも格好が良いけど、
CO2を減らすのにさ、お題目は関係ない。

木々の確実に根を這わせるのが目的だとしたら、
自分の庭だったり目の届く範囲に木を植えるのと、
砂漠に植えるのとではリスクと費用が違いすぎる。

砂漠を時間とお金をかけて救っているこの国の地面は
コンクリートで固められてどんどん減っているのに。
まずは手の届く場所からで良いぜよ。

とりあえず花や野菜にあふれた俺のこの家から、
アフリカの砂漠に良い空気を送り込む。
カッコ付けじゃなくて本音の本当の地球貢献活動だ。
2008年03月16日 「真間街回遊展のパワー=市川市民のパワー」
午後から真間街回遊展へ。
記事を書いたのでご覧下され。
楽しかったですたい。

2008.03.16 市川市真間街回遊展レポート ~本八幡で行こう!~
http://motoiko.yukiboulife.com/topnews/2008/20080316_kaiyuuten_mama.html
もといこ掲示板(真間街回遊展)
http://motoiko.yukiboulife.com/cgi-bin/bbs2/read.cgi?no=592

こういうイベントに参加してる市川の人たちが好きだ。
手児奈霊堂霊堂の合唱を聞いて少し涙が出た。
別に、特別歌が上手かったわけじゃない(こら)、でも
地域愛が、情熱が伝わってきた。それがオレの心を動かした。

市の企画ということで、全体的に歩いている人が多かったなぁ。
市の宣伝力ってすごい。
情報が紙でメールで、無料でポストに届く。

時間もあり、給料を貰って作っているのだから、
必然的にクオリティは高いものになるわけだ。
さすがだよなぁ。




市川の地域ローカル情報満載!本八幡で行こう!
http://motoiko.yukiboulife.com/
2008年03月15日 「高熱と手作り丸パンとしいたけ大収穫」
早朝、体がだるくてで寝込んでいると
なにやら彼女さんがあわただしく動いていた。
朝食ときに分かったのだけど、パンを焼いてたらしい。

ふっくらほんわか、丸パン。可愛いなぁ。
友人からいただいた「きんかんのジャム」も最高に美味しい。
市販品ではこのレベルは無理だ。例えロミユニのジャムでも。
「手作りの作りたて」は強い力を持つ。

それにしても安い強力粉でここまで美味しい手作りパン。
続けてる「1ヶ月食費1万円」の制限を無くして普通の強力粉を
使ってパンを焼いてもらえたら一体どんなに美味しいものが。。
そんなことを考えてどきどきした。

午前中、風邪が悪化して最寄の吉野神経内科へ。
混雑してて50分待ち。やっぱり予約優先だし。

とんぷく薬というのが熱さましの薬だと知る。
可愛い名前。体には絶対良くないのだろうけど、
なにせ熱が37度8分あって平熱が35度5分のオレには一大事。

お昼にきのこちゃんの収穫をした。
昨夜に一度驚いたのにも関わらず、そこからの追い込みが
またすごかった。

市川の地域ホームページとしては
「市川でしいたけの栽培は出来る」
ということが分かっただけで大収穫です。

で、雑炊に入れて食べてみると、、
おおおお、美味しい!中国産のものとは全く別物っ!
自分で収穫してそれを食べられるだけで嬉しいのに、
それが美味しいとなるとこれはもうやってみるしか!!
しいたけ栽培、お勧めです。

2008年03月14日 「まともな写真が撮りたい!デジカメ購入考察」
市川市民はデジカメを購入しようと考えております。

一眼レフが欲しいのだけどそれはブランド品が欲しい。
俺の使い方はあくまで市川市内のスナップ。
毎日持ち歩けて、大きくちゃだめだ。

アホみたいな高サイズでしか取れないものは駄目。
(この条件でデジ一は全滅)
使い捨ての充電器を使うのは駄目。充電池が良い。
出来たらメディアはSDカードが良い。
出来たらレンズ交換式のものが良い。
高画質な動画も取れなきゃ駄目。

わがままだけどそれが満たせないものは要らないんだ。
夜中過ぎまでネットで調べつくしてた。これが楽しい。でも疲れる。

デジカメ考察
▼キャノン IXY PowerShot S5IS (549g)
12倍
36(W)-432(T)mm
F値 F2.7-8.0(W)/F3.5 - F8.0(T)
約800万画素
撮像素子 1/2.5型CCD・総画素数約830万画素

・SDカード
・乾電池使用
・スモール:640×480画素
・動画ステレオ音声

▼富士フィルム FFX-S8100FD
27mm~486mm
光学18倍ズーム
1000万画素

・乾電池使用
・スモール:640×480画素
・内蔵メモリー(約58MB)
・SDカード

2008年03月13日 「市川のガスの無駄遣いはしない」
コンロ火がついていると反射的に留めてしまう。
ことことと愛情で煮込む彼女の料理でも特別扱いが出来ない。

弱火で煮込んだほうが1.24倍くらい美味しくなるかもしれない。
でも、やっぱり勿体無い。定期的に火は止めたい。
余熱で料理は出来る。
ゆで卵をは熱湯に20分つけておけば十分なのだ。
とてもよい感じの半熟になるし、お得な感じがして気分も良い。

それでなくてもうちはル・クルーゼなんて良い鍋使ってるんだから。
大切なエネルギーを最大限、有効利用したい。
これまでもこれからも、市川のガスの無駄遣いはしない。
2008年03月12日 「市川の田舎でなるべく3R節約生活=地球に優しいエコ生活」
彼女さんが頂いた「きのこ飼育セット」。
1日で野蛮なくらいに成長していて驚いた。
し、信じられない。。なんだこの成長スピードは!!!
(見ている方、昨日の写真と比べてください!)
植物って本当にすごい。

菅野のユニディで土のう袋を購入。
とりあえず、今回は「コンポスト無し」でやってみることに。
あ、生ゴミを捨てないで土に返す方法の話です。
本当に市川の土で出来るのか、後でレポートまとめます。

とりあえず今日からは生ゴミを捨てずに済むわけで嬉しい。
ゴミが減る、有機な土が出来る、ダイオキシンが減る→エコエコ
この土でまた野菜を作れる日も遠くないわけでにんまり。
リサイクルの「R」。

後はユニディで買ってきた電球式蛍光灯を設置した。
これで電気代が安く&長持ちで買い替えの手間半減→エコエコ。
エネルギーを減らすの「R」。

ゴミの分別なんて意味が無いと叫ばれる今日この頃。
(プラの回収、再利用率、偽装などなど)
ならば、自分の手で分かりやすい活動をすればいい。
100%、自分も、相手も、地球も、お得なことをすればいい。

エコバカでもないけど、今日俺に出来ることを、今日やる。
それが結果、地球に優しくなればいい。
そんな感じを地球も望んでる気がする。

もし俺の日記を読んで、環境行動に興味を持ってれる方が居たら、
とても嬉しいです。一緒にやってみません?
2008年03月11日 「市川の田舎の素敵な友達、家でDIY、そして里見公園ランチ。」
昨日の式典の振り替え休日ってことで早起きしてDIY。
庭に机を出してオイルステインを塗り塗り。
自分で作っただけで愛着は300倍になる。

オレが慣れない手つきで作業する間、
彼女さんは花の水遣りをしたり、花を移動したり、
後で食べるお弁当を作ったりしてる。

こんな姿を親に見て欲しいなぁ。
楽しく健康的にエコエコ生活を送ってますヨ。

里見公園のお気に入りのテーブルでランチ。
持ってきた玄米のおにぎりと玉子焼き、トマト、鳥の焼肉。
身分相応。今、毎日がとても楽しい。

以前のようなカッコつけも、背伸びも要らない。
日記にも書ききれないくらいの楽しい毎日。

ほうれん草は左のお隣さんから頂いたもの。
 …新鮮で勿論、無農薬。
大福は近くの八百屋さんから頂いたもの。
 …いただきました、ご馳走様ッス~
きんかんは右のお隣さんから頂いたもの。
 …皮ごと食べれて甘くて、美味しかったです。
チョコレートは彼女さんが作ったお菓子。
 …簡単レシピらしい。まだまだ進化する彼女さん。
2008年03月10日 「初めての机の作成ときのこ始動!」
卒業式のシーズン。
ブラックスーツに白いネクタイで式場入り。
自分の道を見つけた者かどうかは目を見れば分かる。

人生はまだまだこれからだ。
スタートダッシュで出遅れても、まだまだそこからだ。
少年少女、君達に幸あれ。

でも社会に出た君らとは言ってしまえばもう他人だ。
才能と可能性にあふれた君らを相手に手加減してたら
簡単に負けちまうんで、手加減なんて一切しない。
そのときは、全力でかかってきなさい。

帰宅後、菅野ユニディで買ってきた木材を使って
机を組み立てたのだけど、慣れないからどうも時間がかかる。
最初はなんでもそう。この最初の一歩が大事なんだ。
そして完成!明日、色を塗ろう。

寝る前恒例の「きのこチェック」。
きのこがきのこらしくなっていて驚いた。
おお、これはもしかするともしかするかも!?

夜、目を閉じながら昔を思い出してた。
あの頃のみんなは何をしているんだろう。
きっと元気にやってる。うん。
元気な友人の顔、顔、そしてたまにキノコ。


>>昔の恋は思い出だからキラキラすると頭では理解
高校時代に初めてまともに付き合えた女の子から
ふいのメールが届いたことや、卒業シーズンなこともあり、
ここのところは昔のことをいろいろ思い出してた。

昔付き合った人の心配をするなんてのは男だけだろう。
実際にはそんな心配は不要で無用、んなこたぁ分かってる。
けど心配だったんだ。
言うなれば「はちみつとクローバー」の間宮の心境。
エゴとも言う。

もう戻れないからこそ、思い出だからこそ、美しく感じる。
今幸せにしてるって聞けたんだもの、嫉妬してどうする。
そんなことを話して目の前の彼女さんを抱きしめる。
バカだなぁ、男って。強いなぁ女の人って。

元彼女さん、お便りをくれてありがとう。
胸のつかえが又ひとつ、取れた。

2008年03月09日 「手話6時間+深夜の自転車3時間」
風邪でぐらぐらしてた午前中、そして午後から手話会へ。
お茶会も終わるともう19時!
こらーー!!1日終わってしまったやんけ!(笑)。
ちょい長すぎだよなぁ。

さて、冗談抜きで夜中の3時。
国府台から自転車で西船橋のドンキホーテへ向かう。

理由は単純、ふと思いついた緊急企画、
「市川で夜中にネクタイを買うにはどうしたら良いだろう!?」
これを試してみたくなったのです。

帰り道、江戸川沿いで缶コーヒーを飲む。
「なにやってるんだろうね」って笑いあう。
今の彼女さんとならこういうことが笑ってできる。
あぁでももし、無茶ばかりで老けさせてしまったらゴメン。

緊急企画「市川市内で深夜に白いネクタイを探そう!」
http://motoiko.yukiboulife.com/topnews/2008/20080310_reifuku.html

手話で行こう!~千葉県市川市の楽しい手話同好会~
http://handtalklife.blogspot.com/

手話でいこう(千葉県市川市の手話サークル)
http://handtalklife.blogspot.com/
2008年03月08日 「中国分の梅まつりに行ってきました♪」
ガラガラガラっと雨戸を開けたときに分かる、日差しの強さ。
今日は1日晴れるなってこのときに分かる。

午前中、お風呂だけ入る。
天気の良い日の風呂はなんだか明るくて好き。

彼女さんが作った雑炊に、直前に庭で摘んだ水菜を入れる。
これ、親直伝の料理なのだけど、好きなようにアレンジできるし、
簡単で美味しくてボリュームがあるのが好き。

ところで玄米で作るとなにを作っても美味しくなるね、と
彼女さんと感心しながらいただいた。

中国分のじゅん菜池で行われてる「梅まつり」に行く。
じゅん菜池の周りの環境のよさは知ってる。
この天気なら最高に気持ちよさそう♪

心地よい陽気にぽかぽかし、自治会の方々の温かさに触れた。
その後は国府台を1時間ほどお散歩。

帰宅後は収録した本八幡らじおを編集してアップ、
同じく梅まつりの記事を書いてアップ。

お祭りの焼きそばだけじゃ流石に小腹がギュルリンコなので、
夜ご飯は昼間の雑炊を韓国ダレを入れて辛みそ風味に作り直した。

夜食に作ったのはカップや焼きそばと玄米を中華なべで
炒めてそば飯にした。自慢じゃないけどかなり美味しい。

オレの簡単料理を彼女さんに褒められた。
彼女さんは煮物などをコトコト時間をかけて作る愛情料理タイプ。
オレは極力、短時間、かつ余熱で作るスピーディ省エネ料理タイプ。
ものすごい両極に居る二人がこうして一緒に住んでいるのが面白い。

★書いた記事はこちら
第27回じゅん菜池梅まつりレポート
http://motoiko.yukiboulife.com/topnews/2008/20080308_umematuri.html

20080308本八幡らじお097回「第27回じゅん菜池梅まつりレポート」
http://caspeee.jp/channels/m2/N8GnidDi9a/

市川の地域情報を音声で発信!本八幡らじお
http://motoiko.yukiboulife.com/radio/
2008年03月07日 「もといこ。更新しても水面下ばかりじゃ、意味がない。」
夜中までもといこのプログラム更新。
1つ改良すると全部改良が必要になってる。
果たしてこれは改良と言えるのかなぁ。。

プログラムはただの「手段」の1つで、見ている人たちに
スピーディに地域情報をお届けするのが目的のはず。
なにか見失ってないか?
2008年03月06日 「本八幡日記は「等身大の市川生活」」
最近は彼女さんの友人達がなんとオレの日記を見ているそうで。
通常であればお洒落な彼女さんの友人が地域バカ男の日記なんぞを
見るわけが無いのだけど、「オレの日記を通して彼女さんの
日常も見られる」のがわりと好評のようです。

挨拶してみようかな、えっと、こ、こんばんわー。
彼女さんは楽しく元気にやっておりますよ。

本八幡日記は「等身大の市川生活」を覗いてもらうために、
毎日の料理や市内の行動などをなるべく細かく残してます。
イエイ。

会社帰り、彼女さんと散歩がてら「ふきのとう探し」へ。
国府台緑地、じゅんさい池を歩いたのだけど無くて終了。
まぁ予備知識もなしじゃ、そりゃそうだろう。

夜ご飯がとても美味しくて嬉しくなった。
焼き鮭、豆腐の味噌汁、ニラタマ。
お昼のお弁当も美味しかった。最近はお肉もよく入ってる。

どれも最高に美味しい。
また「当たり前」になってたからまた思い切り褒めた。
家でご飯を食べているとき。これがオレの幸せの形かもしれない。

さて、突然ですが結婚観の話を。
彼女さんとの間に子供が出来たら勿論すぐに結婚するつもり。
でも「わざわざOMEDETA結婚」にする必要も無いわけで。
ならばいつでもいいのでいつにしようか迷う今日この頃。
別に明日でも良いし、10年後でも別に構わないわけで。
うぅーん。

式はどうせなら市川市内で思いっきりアホな結婚式をしてみたい。
でも彼女さんの家族にだけは恥をかかせるわけにはいかんわけで。。
(゚Д゚;)ウチノカゾクモダメヨ!

守るべきものがある人間はかっこよいのだけど、
それよりも「あほなこと」ができないから困るっす。

夜、市川テレビのイチカマニアが終了しないことを知り、ほっと一息。
良かったーーーー。

そう、貴方達みたいな熱い人たちが市川には必要です。
いろいろ制約はあると思うけど、その中でもやるんです。
オレはここで、現場で踏ん張ってますから!

…なんか踊る大走査線のギバちゃんと裕二みたいだ。。

オレは制約のないこの自由の檻の中で、
地域のものづくりを続けます。
2008年03月05日 「普通に食費1ヶ月1万円の生活。(食材は100%市川市内で調達)」
彼女さんは人から好かれ友人も多くて、本当に毎日誰かに誘われて
誰かと会ったりしている。

逆にオレは自慢じゃないけど人生で
自分から人を誘ったことなんて30回もない、極端な受身体質で、
更に人からのお誘いはほぼ断るという人間。

そんなこんなでオレのほうが先に帰宅することもしばしばで、
そんなときはとても腹が減る。1時間経過、2時間経過。。。

待っていれば美味しい料理を作ってくれるのだろうけど、、、
んもうだめっ、腹が減っては戦に行けぬ!!ごめんなさい!
メールして先に食べることを伝えて、ピポパッと。

9年近い一人暮らしで覚えたスピーディ料理ならお任せ。
美味しい卵に先週末に収穫してきた大根の大根おろしにシーチキン。
これと大根の葉っぱの味噌汁、玄米ごはんがありゃいい。

年収は平均以下男の、食費1ヶ月1万円の生活。
このくらいでも贅沢だろうて。

うん、卵の、大根の、ご飯つぶの味が良く分かる。
ご馳走様でした。


2008年03月04日 「さぁ市川大好きな夢を追う若者、オレと勝負です!」
HPの打ち合わせで南八幡へ。
夜になるとまだまだ寒い。
いつも江戸川沿いの道を通るのだけど、この景色が大好き。
自転車から流れるこの景色をずっと見てたい。

南八幡に到着。数日前に
「サプナの下に手話の出来るレストランがあるから行ってみ」
という情報提供を頂いていたのでそれを確かめにGO。

どうみてもここは魂麺とフォト八幡と洋服屋しか無いぞ!?

ここで友人とばったりと出会った友人いわく、
「イチカワのサプナじゃナイの?」…それだっ!!
友人とは牛角で飲みながらカメラ談義をした。

HPの打ち合わせのほうは深夜まで続き、ヒートアップした。
何かをやろうとしている人たちの情熱に負けじと
オレも考えてきたアイデアをぶつけた。

エネルギーは底知れずあったはずだった。
でも最近は周りのパワーに圧倒されることが多くて。

でもそれなのに、まだまだ市川の地域の力は弱くて、
良いものが出来ては潰れ、出来ては潰れの繰り返し。
柏みたいなパワーも無ければ茂原のようなローカルさも無い。

まだ、あと数年は俺が居たほうがいい。
少なくても「本八幡」って検索して本八幡で行こうが
1ページ目に出てくるような今は。。

あぁ市川を盛り上げたいっていう若い人間を弟子にしたい。
この市川スピリッツを心に潜む情熱を、全てを叩き込みたい。
ホームページの作り方から写真の撮り方、なんでも教える。

まぁそんなやつは現れないだろう。
なにせオレがそいつでもやらないからね。
そんなやつはきっと変わり者で意地っ張りで天邪鬼だから。

オレなんて相手にならないくらいの、
市川大好き地域バカの登場を、オレはずっと待ってます。

手話でいこう(千葉県市川市の手話サークル)
http://handtalklife.blogspot.com/
2008年03月03日 「記事を書いてくれた友人に感謝だモモ!」
仕事から帰ってくるとなんだかダルさが。
おいしい煮込みと焼き魚の夕食を平らげた後、
焼酎のお湯割りの梅入なんてのを飲み、葛根湯を飲んで横になった。

空モモさんが書いてくれた記事を本八幡で行こう!にアップした。
俺はもう7年も記事を書き続けているから苦労は無いけど、
きっといっぱい時間をかけて書いてくれたに違いない。

フランス風のホットドッグ市川シャポーの「ル・ヴォジュアン」
http://motoiko.yukiboulife.com/topnews/2008/20080303_le_vosgien.html

仕事でもない、お金のためでも、世界平和のためでもない。
そこにあるのはきっとエンターテイメント魂。
見ている人を楽しませたい、というシンプルな想い。

俺は募金はあまりしないのだけど、それはお金をケチってる訳じゃない。
この体と知識と時間をかけて、募金以上のことをやれると信じてるからだ。

私利私欲のためじゃない活動は子供への教育にもなる。
そんな微々たる地域への想いが集まって、きっと世界へ繋がっていく。
なんてね。



市川の地域ローカル情報満載!本八幡で行こう!
http://motoiko.yukiboulife.com/
2008年03月02日 「お庭で楽しい貧乏ランチ。手作り石けんの第一歩。」

里見公園に散歩に行こうとしていたのだけど、予定を修正。
お庭で昼食&読書を楽しんだ。
テーブル&いすも使ってやらないと勿体無いもの。

庭に愛犬を放してやるとくんくんと歩き回って楽しそう。
すぐにお隣さんの敷地に出てしまうのでそれがタイヘン。

料理は私担当ということで、半熟卵のカップヌードルをば。
彼女さんに任せると煮物を作り出したりして大ごとになる。
簡単で洗い物最小限の食べ物調達なら任せときー。

彼女さんが市川の某10円饅頭屋さんで買ってきた桜餅。
季節を感じられるのは幸せだなぁなんてニコニコは5秒で停止。
原材料に赤4号&赤105号と猛烈な発がん性物質の名があったのだ。。

これはだめ!これはだめ!という固い人間にはなりたくないので、
気にしないふりをして口に運ぶのだけど、どうしても体が受け付けてくれず、
味まで変に感じてしまうわけで。ったく、合成着色料使うのよ。。。

昼間に畑に植え替えたニンニク君の成功を信じているので、
どんどん植えることにした。うまくいけばにんにく王国になる。
芽がでてきたものをそのまま植えるよりも、
少し水で根を育ててからのほうが成長に良い気がする。

あぁ書くこといっぱいでごめんなさい。
あとは石けん作りを初めて目の当たりにしました。
40分以上手でかき混ぜたりとその大変な作業にびっくり。

この手間、そして一ヶ月という寝かせ期間を考えると
300円とかじゃ売れないのが良く分かる。

オリジナルのものを作れるとのことで、「指輪石けん」を作ってみた。
すぐになくしちゃう人でもこれなら大丈夫。
彼女さんへのプレゼントにも最適です。

ゆき坊の手作り石けんとアロマテラピーと教室
http://lesson.yukiboulife.com
2008年03月01日 「原木の農園、SHOPSのマクドナルド、菅野のユニディ。」
こないだ市川の「ゴッドマザー」で食べたモチピザ900円。
「あれ、美味しかったから作りたい」と簡単に彼女さんが作った。
そんな簡単にいくわけが・・・おいいしいいししい!

原木の市民農園へGO。
ここ市川の左上の国府台から右下の原木は流石に遠くて40分かかる。
妄想では大根が元気に育っているはず。待ってろよって感じで。

途中のマルエツへ。
矢切マルエツもそうだけどやっぱりここは高い。
多分、良い素材を使ってるんだろうな。

OKストア、真間のたいらやなど市内のいろんな
スーパーを巡っていると自分達が行くべきお店が分かってくる。
分かってくると我慢なんてしなくても月10000円で生活できる。

市民農園では大根が小さく、でもしっかり育っていた。
帰宅後に食べてみると、甘いっ。
2008年に入ってからピリピリした大根しか食べてなかったけど、
これは美味しいや。凝縮されてるのかな。

どうしてもお腹がすいたのでSHOPSへ。
たこやき屋さんが潰れてからこういう「小腹時」に困る。
マックしか行く場所が無いわけだけど、
行ったら行ったで楽しいのがマックです。
ほら、チーズバーガー2つでビックマックの出来上がり。

そして菅野のユニディでお買い物。
ここですごいニュースを発見したので記事にしようかしら。
(みなさんもう知ってそうですが。。)

おじさんにいろいろ聞きつつ、棚の素材を購入。
ふむふむ、簡単にできるんだなぁ。
慣れない運転&初めてのトラックだったけど楽しかった。
しかし真間川沿いの道は狭いです。