2007年05月の千葉県市川市国府台 生活日記
2007年05月03日 「手話映画バベルを見る。」
今日のご飯は朝:納豆パンと卵のおみそ汁 昼:おむすび 夜:ホットサンド。

貧乏かもしれないけど愛と未来と勇気がそこにある。


昼間は愛犬の散歩をしながら河川敷まで。
ぽかぽか天気がとても気持ちよかった。
歩いてる人やランニングしてる人もたくさん居たなぁ。
川沿い生活を満喫してる感じが◎。



夜からはコルトンプラザで映画の鑑賞会。
参加している手話サークルでは手話に関する映画を見るのが恒例行事。
今回見たのは「バベル」。ろうの方が登場するとのことでして。

チケットを譲ってくれた友人のおかげで1人400円という
格安価格で見ることが出来たまでは良かったのだけど。。

そのあと近くの「とんでん」で軽食を楽しみながら、
バベルの感想などを話し合った。お疲れ様でした~♪

>>バベル (★ゼロ)
期待もしてたのだけど、オイラ個人の評価は最悪。
手話的なものも、映画としても救いようが無いほどに。

酷い描写の日本の若者、人間の奥深い欲望は見ていて辛く、
途中で何度も劇場を出てやろうかと思った。

痛みは伝わったけど、やはりどこか表現が間違ってると思う。
中途半端にリアル、中途半端に頑張ってる。
…でもだからなんだか許せない。

「バベル」を知ればこの映画に救いがあるかも知れないと思い、
帰宅後に調べてみたのだけど、よく理解出来なかった。

それでも自分の中でまとめてみると、
「(聖書によると)人は昔1つの言葉を話していたのにも関わらず、
神々は違う言葉を話すようにしたために人々は混乱した。」
という話らしいので、
「立場や人種などが物事を難しくしてる、とてもくだらないことだ」
ということとし、それを映画のタイトルに持ってきたということだと解釈した。

いやー、それにしても酷い内容だった(ごめんなさい。。)。
日本の若者(高校生)も、そしてろうの女性も誤解される内容。
実際、オレも
「イヤ待てよ、世の中には「こんなろうの女性」もいるのかもしれない。エロっ」
なんて思っちゃったし。。

ストーリー展開も素人が考えたかのように強引でめちゃくちゃだと思う。
例えばお父さん、子供を涙目で殴って叱ったまでは良かったのだけど
警察を見て逃げることは無かった。それじゃ子供のしたこと以下だよ。
例えば、自殺したのが銃、例えば娘が裸、

菊池リンコさん頑張ってて可愛くてエロかったのは認める。
各々の俳優の演技も良かった。
でもとにかく日本人が見て気持ちいい映画じゃないって。



手話でいこう(千葉県市川市の手話サークル)
http://handtalklife.blogspot.com/
2007年05月02日 「発ガン性物質がたっぷりの食品添加物に日本にガッカリする」
昼間は南八幡の不動産屋に顔を出してみた。
この地下1階のバーの騒音で建物全体が揺れて、
1階ではハエのたかる臭いマンションから早く出たい。

南八幡4丁目のSHOP99でお菓子をどっさりと購入し、
同じく南八幡のABSでパスタやマヨネーズ、食塩などを買い込んだ。
ABSは久しく行ってなかったけどお得な商品盛りだくさんだよなぁ。

帰ってみるとドアのノブに袋がかかっていて
中には友人からの応援メッセージとジャイアントカプリコ&チョコボールが
入っていた。ありがとう~~。

夜はSHOP99で買ってきたお菓子に含まれていた「赤色40号」から
食品添加物の話になって、本格的にネットで調べてみたりした。

10年も前からソルビン酸と亜硝酸NAについてはチェックしてきた。
その間も規制しないこの国。そりゃNHKに受信料が発生するわけだわ。

ituneをダウンロードしてネットラジオを聞いてみなさい。
wowwowに入ってみなさい。民放の放送を見てみなさい。
NHKよりも何倍も面白いサービスが自分が100人居ても、カバーしきれない量あるでしょ?
テレビが壊れて本当に良かった。

にしても本当、日本って、国を信じないで生きていかないといけない国だ。
こんなことをやっていて何が母国愛だか。
地域や人に対しては思っても、この国のためには何もしたくない。
いつか海外に移住しよう。


>>食品添加物について調べたこと
20才の頃から「亜硝酸NA」と「ソルビン酸」だけは食べまいと
チェックしてきたのはこれらが癌(ガン)に直結する物であるからだ。
今日、久々に添加物のページを見てみてその怖さを再確認した。

日本という国がOKを出しているこれらの食べ物は食べない。
こんな馬鹿な国の連中の言うことは基本的に信じられない。
やはり自分の身を守れるのは自分だけだ。

亜硝酸NAは土の中に存在するので野菜の中になどに存在するので
全く摂取しないことは不可能なのだけど、問題は
人工的に作られたそれを、人間が好んで口に入れる事なのだ。

ハムやキラキラしたお菓子などに含まれている。
セブンイレブンなどのタラコなどには含まれている。
人間の体内に入るとアミン酸(アミノ酸の一種)とくっつき、
発ガン性の物質になる。そんなものを日本人は毎食、食べてる。

・ソルビン酸と亜硝酸NAの入ってるものは食べない。
・安くても中国産の物はなるべく食べない。
・出汁は昆布か鰹節から取り、ニボシは食べない。
・タール色素を使用した合成着色料は食べない。
・愛用してきた味の素ももう使わない。

日本人を狂わせる5つの有害物質 
http://www.coara.or.jp/~wadasho/tenkatarlsikiso.htm
2007年05月01日 「小雨の中、サイファーでランチ。」
もう5月。
凹む暇もなく時計の針は進んでいる。

友人から「本八幡で行こう!にあらし書き込みがあるよ」とのご報告を貰った。
人のサイトに来て、時間と労力を使って書き込んでる人間。
時間の無駄と思わないのかなぁこのバカは。
自分の時間が時間がじゃないのか??不思議。

この一週間、家にはあまり帰ってなかった。
楽しい時間は今日までにしてこれから作業に集中しよう。
オレは夢を叶えるために生きてるんだから。


昼食は久しぶりにサイファーでランチプレートを。
相変わらず芸術的な美味しくて栄養満点のおかずを味わった。

市川の地域ローカル情報満載!本八幡で行こう!
http://motoiko.yukiboulife.com/