本八幡で行こう!2006年5月の千葉県市川市本八幡日記


 2006.05.10(水)
>>みんとさんの家のパソコンのバックアップへ
夜、久々にみんとさんの家に呼ばれた。
パソコンのデータのバックアップ作業がしたいとのこと。

説明書を読んでみると、おお、分かりやすく書いてある。
アウトルックのメールのバックアップ方法やアドレス帳の
保存まで。数年前に比べて格段に、楽チンになっているなぁ。

DVDを焼いたりして2時間半くらいの長居作業になってしまったの
だけど、最後におかゆや缶詰を頂いた。やったね♪

オレももっとバックアップしとかないとな。。
デジカメ画像が飛んだら泣いてしまうもの。。
子供達に会えて良かったナー。顔覚えててくれたし♪

>>ティーンの時から夢を持ってるキミらは強い
聞いた話なんだけど。
今日、学校で生徒から本を渡された。
GWに「コミックマーケット」なるものに参加した生徒が
その同人誌を持ってきてくれたのだ。

その生徒とは授業でプログラムを勉強したときに
ズバ抜けてセンスが良く、出された課題を一瞬で終えていたことで
その存在を知った。「やるねぇ」「流石だねぇ」と褒めたら
「プログラム関係の仕事に就きたい」なんて話もしてくれた。

そんなこんなで、無駄話なんて一切しないのに仲良くなり、
今、進路の相談や、将来の夢とかをいろいろ話している。
先生の免許も持ってないオレだけど、先生じゃないからこそ、
社会で揉まれてきた大人だからこそ、分かる気持ちもある。

そんな生徒達(チーム)が情熱と恥ずかしさと時間と戦って
作った本。200円で販売してたというので、オレも買うことにした。

家に帰って、パラパラとめくってみる。
おおぉ、良いじゃん。

ただ、この程度の実力の奴らがゴロゴロしてる世界だというんは分かる。
でも折れない心と柔らかな遊び心で、自分の表現を突き通してほしい。
続けてれば夢は必ず、叶うんだから。